main05


武藤 亨と性格

「昔から分析や統計が好きだったので、よくテストの裏に打率や相性など数字を沢山書いていました(笑)
基本的に考えて解決するタイプで、場面場面で臨機応変にも対応できますが、ある程度リサーチや、
予測を立てた上で行動するタイプです。


本質的に真面目で堅い部分もあるので、どうやって不真面目にしようかも頭で考えてしまいます。
特に、対人だと堅くなってしまいすごく形式張ったしゃべり方になってしまったりと、
真面目になり過ぎる部分があって・・・。自分で抜け感が足りていないと感じているのですが、
最近ようやくモノづくりの部分では抜け感が意識できるようになってきたと思います。
人を勘ぐりたくないというのもあるのですが、その人が言った言葉が真実だと思い真に受け過ぎてしまう性格です。


あとは、すごく素材収集もする人間なので、普通の人が10集めるところを100ぐらい集めたり、
もう見るところがないぐらいまで集めきるなど、素材に関してはやると決めたら気が狂うぐらいやろうと思うタイプです。
実際、普段漁っているのは空気感みたいなものが多いのですが、作る前に今の空気感みたいなものを色々探して、
そこから感覚だけで細かく細かく細分化していき編集すると、自分の色になってくるので、
イメージに凄く近い素材を見つけ出してきて、それをコラージュしながら制作したりしています。」


 

id05_7


id05_8
 


武藤 亨とブランド

「僕自身、白黒はっきりさせて突き抜けるというよりは、バランスを取りながら中間地点にいる方が好きで、
始めたブランドにしても、企業のブランドと個人のデザイナーの中立にいたいと思っています。洋服作りにしても、
早さのあるファストファッションの感覚も、拘りを持つデザイナーズブランドの感覚も持ちながら、そのどちら
でもない中庸な事をやっています。

デザイン画は全然描きません。ベースの写真から線を引いて少しだけ太くしたりとか、それをコラージュしたり
して制作していくので、自分の手癖はあまり入れない様にしています。自分がどうデザインするかというよりは、
生地屋さんがどういう素材を作るか、パタンナーさんがどういう線を引くか、工場さんがどう縫うのかのバランスを
整える様に心掛けていて、あの人だったらこんなものを作れるんじゃないか、こう合わせればもっと格好良くなるん
じゃないかなどというように、自分のイメージを一番延ばしてくれる人にお願いしていくようなやり方をしています。

生地屋さんや工場さん、作家さんやデザイナーさんもそうですが、自分の周りに協力してくれる人がどれだけ居て、
自分にどういう環境があるのかでやれる範囲が決まってくるので、そういった協力者を如何に増やしていけるかと
いう事が、ブランドを面白くしていく要因になってくるのではないかと、今では感じています。」


 

id05_9


id05_10
 


中庸の果て

「今、自分が可能性があると感じている事は、中庸(グレー)を突き詰めていった所に『何かあるんじゃないか』というのを
ずっと前から思っていて・・・。ネットの普及によって産まれた部分が大きいと思いますが、TwitterやTumblrなど、匿名の
人達がお互いの感覚に寄り添い続けていくと、ひとつのフワッとしたシーンみたいなものが生まれてくるんです。自分に置き
換えた時にも、今日本に居て『いいよね』と感じる空気感・ニュアンスみたいなものって、言葉では正確に分からなくても、
感覚としては他の国でも共有できるのではないかと思っているのですが、その感覚をウェブを介してもっと広く共有できる
ようになると、ブランドという概念の可能性も広がっていくのではないかと感じています。


例えば、ブランド名に『Jens』という一般的な人の名前を使ったのも、気付けば人格だけが一人立ちしているみたいな事を
狙いとしている部分があり、フタを開けるとブランドの中に『Jens』という人間は存在せず、沢山の匿名の人が重なり合い
ひとつの人格や空気感を作り上げているという事になれば、ウェブの世界と繋げた時にも可能性や面白みが生まれてくるの
ではないかと思いました。

なのでブランドとしては、『日本のブランドです』という個性で勝負してゆくというよりかはフワッとした空気感を
伝染させ、気付けばどこの国ともリンクしているというような、大きな空気感を作っていけるように心掛けています。」


 

id05_11
 


武藤 亨と今後

「今はブランドを始めたばかりなので、まずは知ってもらうために堅実に継続しながらも、
平行して色々なネットワークをつくっていければと思います。
漠然とではありますがブランドをやり続けて、30年~40年後ぐらいまで続けられるよう
なんとなく考えている事はあるので、そういった組織を作っていればと思います。

最終的には、例えば学校や博物館など、それまでに見てきたことを還元してゆける活動もしていきたいです。」

 

id05_12
 

 

 

武藤 亨

1982年生まれ。
ディレクター。プランナー。


2010年、アーティストをサポートする「ニュー」を立ち上げ活動開始。
2014年、ブランド「イェンス」スタート。

現在は「イェンス」と並行して、企業のコンサルティング・
ブランディングに関わるサポート等を行っている。

Jens
http://j-e-n-s.jp


_______________________________________________________________________________________

こぐれ そう

「考える」ショップをコンセプトとしたオンラインショップ「さんまるよん」を主宰。
作り手から窺える発想や視点などに重点を置きながら、様々な作家やブランドを紹介している。
またWebデザインなどを手掛ける「ousia」のディレクター/デザイナーとしても活動。


さんまるよん
http://sanmaruyon.com


ousia
http://ousia-ism.com


_______________________________________________________________________________________

Writer:So Kogure
Editor:Atsushi Shimizu
Logo:OKASHIMI / Web site



ART&MOREに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
著作物のご使用については、こちらにご連絡ください。当サイトへのリンクはフリーです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』