ajirokosuke

吉祥寺のにじ画廊にて、画家・網代幸介による個展「ポーとポウ」が開催



(以下、プレスリリースより)


「ポーとポウ」短編アニメーションの上映の他、
新作の平面・立体作品を展示します。
ぜひご高覧ください。


[作家プロフィール]

網代幸介(Kosuke Ajiro)
1980年東京都生まれ、
東京在住の画家。
2010年の個展を機に作家として本格的に始動。
非現実の空想や夢を元に描かれた世界には、
擬人化した人物や異国のものなどがちりばめられており、
観るほどに親しみが増していく。
これまで国内外の展示で作品を発表。
装画や演劇のビジュアルなど様々な仕事を手がける。

http://kosukeajiro.com/




網代幸介 個展 「ポーとポウ」

会期:2017年3月9日(木)〜3月21日(火) ※3月15日(水)お休み
時間:12:00~20:00
会場:にじ画廊
   東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10
入場:無料






【オープニングレセプション】

日時:3月11日(土) 18:00~20:00
ささやかなパーティをひらきます。
どなたでもご自由にご参加ください。




にじ画廊 Webサイト
http://nijigaro.com/




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』