post_main

恵比寿のPOSTにて、美術家・万代洋輔の初の出版物刊行に合わせた展覧会が開催



(以下、プレスリリースより)

万代洋輔は1980年生まれの写真を主に扱う美術家です。
これまで「”Friday, September 9 – Friday, October 7, 2016”」(TARO NASU、東京、2016年)、
「通行人間」(CAPSULE、東京、2015年)、「あばら骨しか信頼してないじゃないですか俺」
(TARO NASU、東京、2014年)をはじめ、多くの個展を開催、グループ展に参加するなど、
2000年代より積極的な活動を行っています。

万代の作品は朽ち果てた物を独自の感性で再構築し、写真に収めた『蓋の穴』シリーズがよく知られています。
人里離れた森などで不法投棄された物たちを一晩かけて組み上げ、朝の光でカメラに収めたこの作品は、
その対象物の持つ不穏さや行為の孤独さとは裏腹に、どこかあっけらかんとしたユーモアを漂わせています。


post_01

post_02

© Yosuke Bandai Courtesy of TARO NASU



初の出版物となる今作『A Certain Collector B』は、
近年万代が取り組んでいる、道端に落ちている物を蒐集し、
フラットベッドスキャナーの上で再構成したイメージ群で構成されています。
時に生物の死骸をも含むこれらのイメージは、
スキャナーの発する光に照らされ奥行きなどのスケール感を失う代わりに、
3DCGのモデリング画面のような浮遊感を伴った、新しい物質へと再生しているように見えます。

本書は架空の蒐集家である”B”のアルバムというコンセプトで制作されました。
極めて感覚的でありながら、同時に自身の行為を俯瞰して見る万代のバランス感覚を体現する一冊となっています。

エキシビジョンでは書籍の他、
一点限りのスペシャルエディションのキーボックス、『コレクターB』プリント作品、
アーティストグッズの展示販売をいたします。


【協力】
TARO NASU




万代洋輔 ”A Certain Collector B” Launch Exhibition

会期:2017年2月17日(金)~3月5日(日)
時間:12:00-20:00 /月休
会場:POST
   東京都渋谷区恵比寿南2-10-3





【オープニングレセプション】
日時:2月17日(金) 18:00-20:00


【作家略歴】
万代洋輔 | Yosuke Bandai1980年 東京生まれ、東京にて制作活動。
主な個展に2016年「Friday, September 9 – Friday, October 7, 2016」TARO NASU、
2015年「通行人間」CAPSULE、2014年「あばら骨しか信頼してないじゃないですか俺」TARO NASU、
2012年「病める万代、無類無敵の情熱」AI KOWADA GALLEY、グループ展に2017年「シルバニアファミリー
ビエンナーレ2017」XYZ collective、2016年「囚われ脱獄、囚われ脱獄」statements、
2015年「Continuous Temporality Vol.2 『Mortal』」gallery COEXIST-TOKYOなど。
その他に「Super Open Studio NETWORK」や「Ongoing Collective」の活動にも参加している。
今年の2月には、初の出版物「A Certain Collector B」をNewfaveより刊行。
そのローンチエキシビジョンをPOSTにて開催。
10月には、愛知県美術館 APMoA Project, ARCHにて個展を開催予定。




POST Webサイト
http://post-books.info/news/2017/2/8/exhibition-a-certain-collector-b-launch




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』