gg_wall_gra_201701

ガーディアン・ガーデンにて、次世代作家6名によるグループ展「1_WALL」が開催



(以下、プレスリリースより)

ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第16回グラフィック「1_WALL」展を開催します。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展です。会期中の2月28日(火)には、一般見学者にも公開される最終審査会を開催します。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、審査員による議論を経て、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には1年後の個展開催と個展制作費10万円、パンフレット制作の権利が贈られます。

パステルカラーを基調としたイラストレーションをデジタルで描き空間を表現することを試みるいしいひろゆき、普段意識しない日常の中に潜む「気になるかたち」を描く石田和幸、ブルーシートで包んだフィギュアをスキャンして 3DCGデータ化し新たなイメージをつくることを試みる wimp、SNS 上で楽しそうに写真に写る若者達に見え隠れする不安な気持ちを絵とテキストで表現する SERENA、撮影した犬の写真で犬の形状の立体コラージュをつくる時吉あきな、WEB 技術を用いて絵の表現方法の幅を提示しその可能性を追求する藤井マリー、6名のグループ展です。今回は、デジタル技術を使ったり、デジタル・ネットワークをテーマにした作品が多く集まりました。




Print
いしいひろゆき Hiroyuki Ishii

1985年生まれ。桑沢デザイン研究所空間演出科中退。

「インテリア」
空間にある物。その物と物のあいだの空間と空間。そんな空間感を見てください。



g_wall_2
石田和幸 Kazuyuki Ishida
1993年生まれ。東京造形大学グラフィックデザイン専攻卒業。

「かたちは見えている、」
けれど、僕たちはそれを見ていない。
日常にまぎれ、気にもされない色々なかたちを描き出して、しっかり見るための試みです。



g_wall_6
wimp
1992年生まれ。東京藝術大学先端芸術専攻在籍。

「PACKING SERIES」
フィギュアをブルーシートで包むことで、キャラクターが持つコンテクストや個性を不可視にし、残された表層をイメージとして再生成する試み。



g_wall_4
SERENA
1994年生まれ。女子美術大学ヴィジュアルデザイン専攻在籍。

「ギリギリ 16月 モンブランパフェで酔ってる」
SNSに大量に流れる、若者たちのかわいこぶった画像。そこから彼らの不安定な部分が見え隠れする。



g_wall_5
時吉あきな Akina Tokiyoshi
1994年生まれ。京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業。

「ワンオール」
原画と複製物がだいたい同じだと認識できる状態を「ほぼイラストレーション」としてテーマにしている。



g_wall_1
藤井マリー Mary Fujii
1989年生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。

「web drawing series_生きる細胞」
絵を分割し、web上で視差効果を用いて再構築する。描いた光景に、より「捉えがたさ」を与えられないかと考えている。





グラフィック界の次世代を担う若手を発掘する

第16回グラフィック「1_WALL」展

会期:2017年2月21日(火)~3月17日(金)
時間:11:00-19:00 ※日曜・祝日休館
入場:無料
会場:ガーディアン・ガーデン
   東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F

公開最終審査会:2017年2月28日(火)18:00-21:00
*要予約・メールもしくはお電話にてお名前(カナ)をお知らせください。
TEL:03-5568-8818 email:gginfo@waku-2.com
(メールの場合は件名に「2/28 公開最終審査会予約」とご記入ください。)






主催:ガーディアン・ガーデン



審査員(50音順、敬称略)

えぐちりか(アートディレクター/アーティスト)
ソフトバンク「PANTONE∞」、ベネッセこどもチャレンジbaby玩具デザイン、2011年フィギュア髙橋大輔選手のフリーの衣装など、平面から立体、広告や衣装など幅広い活動を展開。JAGDA新人賞、『ひとつぼ展』グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、グッドデザイン賞、D&AD金賞(イギリス)など受賞多数。

大原大次郎(グラフィックデザイナー)
1978年神奈川県生まれ。2003年武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。同年omomma設立。デザインワークや映像制作に従事するほか、展覧会、ワークショップ、パフォーマンスなどを通して、言葉や文字の新たな知覚を探るプロジェクトを多数展開する。2014年JAGDA新人賞、TDC賞受賞。

白根ゆたんぽ(イラストレーター)
1968年埼玉県深谷市生まれ。各種印刷メディア、広告媒体、webコンテンツなどに幅広くイラストを提供している。最近の仕事に、BRUTUS 本特集の表紙シリーズ、GUの「GOLDEN SALE」、「SUMMER RED SALE」ビジュアルなど。クライアントワークの他に自身の個展開催、企画展への参加など多数。

大日本タイポ組合
ヒゲ有りで苗字無しの秀親とヒゲ無しで苗字有りの塚田哲也により1993年に結成。文字通りモジモジしながら文字で遊んで23年。 文字と歩んで三千里。文字を解体し、組合せ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。

室賀清徳(『アイデア』編集長)
1975年新潟県生まれ。東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。(株)誠文堂新光社にてデザイン誌『アイデア』をはじめ、デザイン関連書の編集に携わる。武蔵野美術大学、東京藝術大学、ミームデザイン学校ほか教育活動にも関わる。




ガーディアン・ガーデン Webサイト
http://rcc.recruit.co.jp/gg/




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』