outerside2

CALM & PUNK GALLERYにて、4名のアーティストによる「超人」がテーマの作品展が開催



(以下、プレスリリースより)

昨年5月16日に開催した「アウターサイド」が1年ぶりに復活致します。今回は、60年代生まれの水野健一郎、70年代生まれの早川モトヒロ、80年代生まれの牛木匡憲の3名のほかに、新たに 86 年生まれの高木を招き、4名の共通項である「超人」について迫ります。
1年経ったいまに3名が描く「超人」、フラッシュを焚いたような写真の表現を得意とする 高木が描く「超人」と複数の角度、新たな視点からその造形美について考察していきます。
また12月9日 (金) には、アーティストを囲みオープニング・レセプションを行います。


アーティストステイトメント

人型であることとそのバリエーションの追求。人間なのか宇宙人なのかロボットなのかといった SF 的整合性を取っ払い、ただただその造形に傾注してみる。そこから滲み出る無意識のコンプレックスには僕の美意識が集約されている。
(2016 年11月20日 水野健一郎)

僕の世界に女の子が沢山登場したらどうなんだろか?そんな思いから描きました!
(2016年11月18日 早川モトヒロ)

サンプリングでもリミックスでもないそのプロセスは外レーンを全速力で走り続けることだ。
(2016 年11月18日 牛木匡憲 )

なんとなくシュッとしている、子供騙しでない本気のごっこ遊び(賭けてる)の様に、洗練されているけど、何処と無く郷愁感がある、今でも昔でもなく、未来にも、誰もがそこに名前をつけていなかった外側に、私も居れたらいいなと、そう思います。
(2016年11月18日 髙木 真希人)



水野健一郎、早川モトヒロ、牛木匡憲、高木真希人
「アウターサイド2」

会期:2016年12月10日(土)~12月25日(日)
   ※12月9日(金)19時より、オープニングレセプションを開催致します。
時間:12:00-19:00
   ※休廊日:日曜日、月曜日
   ※12月25日 (日) のみ開廊
入場:無料
会場:CALM & PUNK GALLERY
   東京都港区西麻布 1-15-15 浅井ビル 1F






CALM & PUNK GALLERY Webサイト
http://calmandpunk.com/




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』