groovisions_2017

スパイラルガーデンにて、デザインスタジオ・グルーヴィジョンズによる展覧会が開催



(以下、プレスリリースより)

デザイン、アート、それから――――

スパイラルは、デザインスタジオ・グルーヴィジョンズによる展覧会「GROOVISIONS 5×27」を 2017年1月6日~1月15日にスパイラルガーデンにて開催します。グラフィックデザインやモーショングラフィックス制作を中心に、
音楽、出版、プロダクト、インテリア、ファッションなど多様な領域を越えて活動し、常に時代を牽引し続けてきた
グルーヴィジョンズは、2017 年に、活動の拠点を東京に移し 20 年を迎えます。本展では、四半世紀に及ぶ活動の中
で、グルーヴィジョンズならではの表現を中心としたアートワークのアーカイブを展示、一部の作品は販売いたします。
そして、本展タイトル「GROOVISIONS 5×27」にもあるように、縦横比 5:27 の全長約 13m にもなる大型ディスプ
レイで新作映像を発表します。また、吹き抜けのアトリウムには、様々なグラフィックが施された立体のまわりに彼ら
の代表作である chappie(チャッピー)が登場するインスタレーションを展示します。インスタレーションの中心には
2016 年 7 月に京都にオープンしたグルーヴィジョンズが運営するセレクトショップ「三三屋」(みみや)が展覧会期
間限定で「三三屋 東京支店」として出店します。
グルーヴィジョンズが培ってきたクリエイティブの歴史を振り返るとともに、新たなクリエーションの展開をぜひこの
機会にご覧ください。



新作映像
展覧会タイトルにもなっている「GROOVISIONS 5×27」は、本展の注目作品です。約13m にも及ぶ横に長細いフォルムの巨大ディスプレイに都市を繋ぐ電車や路線をモチーフとした終わることのないループ映像が再生されます。
一般的な作品には必然的に現れるフレーム(枠)。デジタルの世界では、フレームからの解放が実現し、空間的にも時間的にもフレームレスという概念が作り出されました。グルーヴィジョンズが得意とするフレームレスの時間軸を持った映像表現、乗り物や人物の動きなど、とくに小さなお子様でも楽しめる内容を意識して制作しました。ぜひ会場にてお楽しみください。




「GROOVISIONS 5×27」展

会期:2017年1月6日(金)~1月15日(日) ※会期中無休
時間:11:00-20:00
入場:無料
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   東京都港区南青山 5-6-23

共催:有限会社ジー・アール・ヴイ、株式会社ワコールアートセンター
企画協力:スパイラル







グルーヴィジョンズ
東京のデザインスタジオ。グラフィックやモーショングラフィックを中心に、音楽、出版、プロダクト、インテリア、ファッション、ウェブなど多様な領域で活動する。1993 年京都で活動開始。PIZZICATO FIVE のステージヴィジュアルなどにより注目を集める。1997 年東京に拠点を移動。以降の主な活動として、リップスライムや FPM などのミュージシャンの CD パッケージや PV のアートディレクション、100%ChocolateCafe.をはじめとする様々なブランドの VI・CI、『Metro min』誌などのアートディレクションや ideaink シリーズなどのエディトリアルデザイン、『ノースフェイス展』など展覧会でのアートディレクション、MUJI TO GO キャンペーンのアートディレクション&デザイン、NHK スペシャル シリーズジャパンブランドや日テレ NEWS ZERO でのモーショングラフィック制作などがあげられる。また、設立当初に chappie というキャラクターをデザイン、1999 年には、ソニーミュージック・エンタテインメイントより歌手として CD デビュー、シングル3枚、アルバム1枚を発表した。現在でも、企業や学校のイメージキャラクターを務め様々な分野で活動している。
http://groovisions.com/



スパイラル Webサイト
http://www.spiral.co.jp/




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』