alligatoo-boogaloo

TETOKAにて、伊藤桂司と佐藤ブライアン勝彦による初のコラボレーション展が開催



(以下、プレスリリースより)

2016年12月2日(金)から2017年1月15日(日)の会期で、伊藤桂司と佐藤ブライアン勝彦による初の二人展「Alligatoo Boogaloo アリガトーブーガルー」を開催いたします。
伊藤桂司は1958 年、東京都生まれ。これまでに、SoftBank キャンペーンヴィジュアル(2012年)、NHK 番組タイトル&セットデザイン(2006 年‒2012 年)、愛知万博EXPO2005 世界公式ポスター(2005 年)をはじめ、多くの広告、書籍、音楽関係のアートディレクションやグラフィックワーク、映像を手がけてきました。

伊藤は、フォーマットを限定せず、多様な素材と表現手段を即興で組み合わせることにより、作品の場面にリズム、拍子、間、反復などの音楽的特性を生み出します。その作品を愛するファンは数多く、音楽関係では、テイ・トウワ対談集「ハタチ」(2014 年)や、木村カエラ「OLE!OH!」(2014 年)、キリンジ「10」(2013 年)、PES from RIPSLYME「素敵なこと」(2012 年)、スチャダラパー「11」(2009 年)のCD ジャケットやビデオクリップなど、数々のミュージシャンにアートワークを提供しています。

また、ギャラリー360°(東京/2009 年)、P.S.1 / MoMA(ニューヨーク/2001 年)、サンパウロ美術館(ブラジル/1995 年)をはじめとする数多くの展覧会にも参加し、個人の創作活動からコマーシャルワークまで、多岐にわたる活動を行なっています。

佐藤ブライアン勝彦は1968 年、宮城県生まれ。1990 年代前半から東京を拠点に、雑誌のイラストレーションを手がけてきました。

2001 年より、地元の仙台市に制作活動の拠点を置くようになった佐藤に転機が訪れたのは、2011 年の東北地方太平洋沖地震です。被災地における当事者であった佐藤は、自身が営んでいたレストランを開放し、避難所に入れなかった人々に、食物や水、毛布の提供を行いました。見知らぬ約20 名とともに、不安な2 週間を過ごした佐藤ですが、一番印象に残っているのは、震災当日、停電の中に見た星空だったと言います。この経験から、自然への畏敬の念や、物の価値のうつろいを意識するようになった佐藤は、震災とそれに伴う社会変化をきっかけに、それまでの明るいイラストタッチの作風から、社会政治的な矛盾や葛藤を描き出す、現在の作風へと変化を遂げました。
近年では、積極的に展覧会にも参加し、大船渡市立博物館(岩手/2013 年)、Go Gallery(オランダ/2011 年)、ILLUSUTRATIVE ZURICH 2008(The Zurich Messehalle、スイス/2008 年)、Copro Nason Gallery(ロサンゼルス/2000 年、2003 年)をはじめ、国内外で作品を発表しています。

これまで20 年来の交流を続けてきた、伊藤桂司と佐藤ブライアン勝彦。年齢や出身などバックグラウンドの相違にも関わらず、両氏の創作姿勢には「周囲のあらゆる情報をニュートラルに受け入れ、イメージのコラージュを行い、作品に投影する」という共通点があります。
両氏はいずれも、様々な時代のアイコンや不特定多数のキャラクターをモチーフとして選び、それらを重ね、削り、歪ませ、結合する=コラージュ作業を行うことで、現実と非日常が混在した作品を制作しています。

本展では、二人の共通する手法である「コラージュ」を軸に、大小・新旧のコラボレーション作品と、それぞれのソロ作品、合計約20 点を発表予定です。
初日の12 月2 日(金)19 時よりオープニング・レセプション行うほか、会期中は関連イベントを予定。会場では、展覧会をモチーフにした飲食メニューを用意し、皆さまのお越しをお待ちしております。



kundalini_up
“Kundalini”
© Keiji Ito, Sato Brian Katsuhiko



伊藤桂司(いとう・けいじ)
1958 年、東京生まれ。グラフィックワーク、アートディレクション、映像を中心に活動。2001 年度東京ADC 賞受賞。
ロッテルダム映画祭、「Active Wire」(ソウル:Haja Center)、「CLOSE UP of JAPAN 展」(ブラジル:サンパウロ美術館)、「Buzz Club-News from Japan」(ニューヨーク:P.S.1 / MoMA)、「Art Stage Singapore 2014」(Marina Bay Sands)をはじめ国内外のグループショウに多数参加、ギャラリー360°等での個展多数。
テイ・トウワ、スチャダラパー、バッファロー・ドーター、木村カエラ、キリンジ、PES、高野寛、ohana、オレンジペコー、東京ザヴィヌルバッハ、ボニー・ピンク、愛知万博EXPO2005 世界公式ポスター、コカコーラ・コーポレイトカレンダー、NHK の番組タイトル&セットデザイン、阪急うめだ本店 メイン・ウィンドウ、SoftBank やイギリスのクラヴェンデールなどのキャンペーンヴィジュアル他、活動は多岐に渡る。
作品集は『LA SUPER GRANDE』(ERECT LAB.)、『TAPES – SUPER CASSETTE SOUNDS 2』(UFB)他多数。京都造形芸術大学教授。UFG 代表。

http://www.site-ufg.com


佐藤ブライアン勝彦(さとう・ぶらいあん・かつひこ)
1968 年仙台生まれ。1993 年より独学で絵画を学ぶ。
これまでに、雑誌『Number』、『SM スナイパー』、『BACHELOR』、『BURST HIGH』、『ArtAlternative』などでのイラストや、ラフォーレ原宿XMAS LIVE POSTER(2000 年)、 ローリー寺西「ジャングルブッダ」(2000 年)のアートワークを手がける。
大船渡市立博物館(岩手/2013 年)、LAPNETSHIP(東京/2000 年)、吉祥寺パルコ(東京/1997 年)での個展や、Go Gallery(オランダ/2011 年)、ILLUSUTRATIVE ZURICH 2008(TheZurich Messehalle、スイス/2008 年)、Copro Nason Gallery(ロサンゼルス/2000 年、2003年)、ギャラリー・ショウ・コンテンポラリーアート(東京/1995 年、1996 年、2004 年)でのグループ展に参加し、積極的に作品を発表。
作品集に『LIFE OF BRIAN』 (グラフィカ編集室刊)、『Life and Days through 311』(グラフィカ編集室刊) 等。
受賞歴として、第68 回ザ・チョイス準入選 河村要助選(1993 年)、URBANART#5 佳作(1996年)、第88 回ザ・チョイス入選 横尾忠則選、ザ・チョイス年度賞入賞(1997 年)、第150 回ザ・チョイス入選 湯村輝彦選(2007 年)、第154 回ザ・チョイス入選 木継則幸選、ザ・チョイス年度賞入賞(2008 年)。

http://go-kat.seesaa.net



伊藤桂司 × 佐藤ブライアン勝彦 「Alligatoo Boogaloo アリガトーブーガルー」

会期:2016年12月2日(金)~2017年1月15日(日)
時間:16:00-23:00
休廊:水曜日、年末年始12月30日~1月3日
会場:TETOKA
   東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F






【オープニング・レセプション:12月2日(金) 19:00-21:00 作家来廊】

【新春餅つき大会:1月4日(水) 14:00】
参加費:500円/持ち物:お餅に合うもの1 品
※お飲み物はTETOKAにてお買い求めください。

【クロージング・レセプション:1月15日(金)18:00-21:00 作家来廊】
豪華ゲストを予定!/入場料:2000 円(1D付)
※ご予約不要、先着順ご入場

企画:Yu Murooka



TETOKA Webサイト
http://tetoka.jp/





『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』