paper-show

東京・池尻大橋の104GALERIEにて、
アートディレクター・永戸鉄也とセットデコレーター・ENZO による初共作展が開催



(以下、プレスリリースより)

104GALERIE(東京・池尻大橋)は、2016年12月10日(土)から2017年1月15日(日)の会期にて、アートディレクター・永戸鉄也とセットデコレーター・ENZOによる、共作展「Paper Show」を開催いたします。
これまで、UAやRADWIMPSといったアーティストのCDジャケットやミュージックビデオをはじめ、UNDERCOVERのキャンペーンビジュアルや回顧展などを共同で手がけてきた、永戸とENZO。そんな二人の長年に渡るコミュニケーションと遊び心から生まれた本展では、ドイツ・ベルリンの街中の壁から剥がし収集した総重量150kgにおよぶポスターを素材に、手作業を駆使したコラージュ、インスタレーションを発表。 それら作品群、その展示演出方法など、内容、雰囲気ともに大きく異なる世界観を二つの会場で展覧いたします。
初日の12月10日( 土 )には19時より、アーティストを囲み、オープニングレセプションを行います。ご多忙の折とは存じますが、本展を皆様にご高覧頂ければ幸いです。


sub01



TETSUYA NAGATO・ENZO 「PAPER SHOW」

会期:2016年12月10日(土)~2017年1月15日(日) 
時間:12:00-20:00
休廊:水曜日、年末年始12月27日~1月6日
会場1:104GALERIE (東京都目黒区青葉台3-22-1 目黒ハイツ104)
会場2:104GALERIE-R (東京都目黒区大橋1-6-4 GARAGE)

オープニング・レセプション:12月10日(土) 19:00-21:00 作家来廊








永戸鉄也 | Tetsuya Nagato
アートディレクター、アーティスト
1970 年東京都生まれ。高校卒業後に渡米。帰国後、96 年よりアートディレクターとしてUA やRADWINPS をはじめとする国内トップアーティストのCD ジャケットデザインやミュージックビデオのディレクション、広告やドキュメンタリー映像制作等に携わる。ファッションブランドではUNDER COVER のアニバーサリーブック、KIJIMA TAKAYUKI のルックブックのアートディレクションも手掛ける。一方、アーティストとしても活躍し、コラージュ、写真、映像作品を制作、個展やグループ展で発表を続けている。2003 年、第6 回文化庁メディア芸術祭デジタルアート優秀賞受賞。トーキョーワンダーウォール公募2003・ワンダーウォール賞受賞。


ENZO
1972 年生まれ。R.mond inc. 主宰。PV やCM などのムービー撮影、雑誌や広告等のスチール撮影、店舗デザイン、展覧会などのオブジェ製作などあらゆるメディアにおける美術制作を手掛ける。2013 年夏、104GALERIE をオープン。国内外問わず、独自の審美眼によって精選した作家の展覧会を行っている。

<104GALERIE>
2013 年夏、ENZO がオーナーのもと中目黒にギャラリーをオープン。国内外のアーティストの展示を行う。
美術の経験を生かし、空間デザインにも力を入れた展示を行い、新しいギャラリー空間として批評を集めている。また、展示内容により、普段アトリエとして使用しているガレージ104 GALERIE-R もギャラリーとして開放し、半屋内空間での展示も楽しめる。




104GALERIE Webサイト
http://www.104galerie.com/





『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』