robert-frank

東京藝術大学大学美術館にて、
ロバート・フランクのこれまでの活動を振り返る展覧会が開催中



(以下、プレスリリースより)

「Robert Frank: Books andFilms, 1947-2016 in Tokyo」は写真界の巨匠ロバート・フランクがSTEIDL社の創業者
であるアートブック界の重鎮ゲルハルト・シュタイデルとともに企画したロバート・フランクのこれまでの
活動を振り返る展覧会です。
本展は世界50都市を巡回中で、11都市目にあたる東京展では、フランクが1947年から2016年にかけて製
作してきた写真・映像作品やSTEIDL社から出版された写真集を展示するほか、フランクがシュタイデル
とともにどのように一冊の写真集を生み出すのか、手紙や素材のサンプルなど普段は表に出ることのない
貴重な資料も公開します。
フランクのヴィンテージプリントは現在の美術市場で約8,000万円もの値がつき、収蔵するアメリカの美
術館は国外への貸出を禁じ、公開される機会が非常に少ない現状があります。これに対してフランクは、
自身の作品をとりわけ新しい世代に見て欲しいと訴え、「教育」を軸として美術市場に抗う独特な展示をシュ
タイデルとともに企画しました。その企画は、ドイツ最大の日刊紙 「南ドイツ新聞 (SüddeutscheZeitung )」
から提供された新聞用紙にフランクの写真を印刷し、学校や美術館などの公共性の高い場所を使って無
料で公開するというものでした。そして、展示作品は、美術市場との関係を断つというコンセプトのもと、
会期終了とともにパフォーマンスによって破棄されます。
東京展では東京藝術大学の学生が主体となって、展示構成・イベントの立案から、広報・什器の製作まで
を行い、開催に至る過程も含めてこれまで以上に「教育」を意識したものとなっています。
写真、映像、本、文字などの多様なメディアの横断を通じた表現の世界の無限の広がりをぜひご体感ください。



「Robert Frank: Books andFilms, 1947-2016 in Tokyo」

会期:2016年11月11日(金)~11月24日(木) 会期中無休
時間:10:00-18:00
会場:東京藝術大学大学美術館 陳列館
   東京都台東区上野公園12-8





【イベント】

ゲルハルト・シュタイデル ワークショップ (終了しました)
日時:2016年11月9日(水) 13:00-16:00(12:30開場)
会場:東京藝術大学 美術学部 絵画棟1階 大石膏室
見学:先着20名・事前予約制(事前予約についてはwebにて告知致します。)
参加費:無料

「Steidl Book Award Japan」から選考された5名と藝大から選ばれた5名の計10名に対して、シュタイデル氏が
本づくりに関する具体的なアドバイスを個別に行うワークショップを開催いたします。
ドイツの出版人ゲルハルト・シュタイデル氏が、日本の若い世代と交流をはかりながら国や文化の違いを超
えて、本づくりの魅力とその可能性を伝える貴重な教育機会です。


ゲルハルト・シュタイデル レクチャー「印刷は死なない:デジタルな世界のアナログな本」 (終了しました)
日時:2016年11月10日(木) 15:00-16:30(14:30開場)
会場:東京藝術大学 中央棟 第一講義室
定員:先着150名・事前予約制
参加費:無料
ゲルハルト・シュタイデルがデジタルな時代の中での本作りや印刷について話します。レクチャーの後に質疑応答の時間も設けます。

ゲルハルト・シュタイデル レクチャー「Robert Frank: Books and Filmsメイキング」 (終了しました)
日時:2016年11月10日(木) 20:00-21:00(19:30開場)
会場:東京藝術大学 総合工房棟3階 プレゼンテーションルーム
定員:先着100名・事前予約制
参加費:無料
ゲルハルト・シュタイデルが本展示のコンセプトとロバート・フランクとのコラボレーションについて話します。レクチャー後に質疑応答の時間も設けます。


新作ドキュメンタリー映画『Don’t Blink』 by Laura Israel上映会
日時:11月23日(水・祝) 13:00〜(12:30開場)
会場:東京藝術大学 中央棟 第一講義室
定員:先着60名・事前予約制
参加費:無料
ロバート・フランクを追った新作ドキュメンタリー映画『Don’t Blink』を2017年4月の日本公開に先駆けて上映致します。
——写真集『The Americans』(1958)以降、現代写真を代表するロバート・フランク。映画でもインディペンデントの潮流に影響を与えた彼が今まで語ることのなかった人生とアメリカンカルチャーの時代。

鈴木理策×松下計 シンポジウム『PHOTO & PHOTOBOOK(仮)』
日時:11月23日(水・祝) 15:00〜 (14:30開場)
会場:東京藝術大学 中央棟 第一講義室
定員:先着150名・事前予約制
参加費:無料
出演:鈴木理策、松下計
新作映画上映会につづいて、写真家 鈴木理策とグラフィックデザイナー 松下計をパネラーに迎えシンポジウムを開催致します。


クロージングイベント
日時:11月24日( 木) 19:00開始 
会場:東京藝術大学大学美術館 陳列館
定員:先着100名・事前予約制(事前予約についてはwebにて告知致します。)
参加費:無料

第1部 「uninstall / disassemble」
演出:ハラサオリ
出演:岡本優、ハラサオリ
音楽:マーティヒックス
照明:伊藤侑貴
第2部
出演:東京藝術大学コンテンポラリーダンス部、楊博

会期終了とともに作品を破棄するというコンセプトのもと、コンテンポラリーダンスやライブペイント、音、光など様々な表現を駆使して展覧会の集大成となるライブパフォーマンスを行います。



主催:Steidl社、東京藝術大学 デザイン科 視覚伝達研究室
協賛:キヤノンマーケティングジャパン株式会社、株式会社 熊野新聞社、株式会社 資生堂、株式会社 ディライト・クリエーション、PUNCTUM TIMES、写真文化首都「写真の町」東川町、BXG株式会社、株式会社 横浜水信(50音順)
特別協力:株式会社shashasha、The Tokyo Art Book Fair、POST、U.S. & Associates
協力:株式会社テレビマンユニオン、東京ドイツ文化センター



canada
© Copyright John McCarthy 2014 左:ロバート・フランク 右:ゲルハルト・シュタイデル



ロバート・フランク
1924年、スイス生まれの写真家・映像作家。1947年にアメリカに移住。1959年に発表した写真集『The Americans』は、それまで注目されることのなかったアメリカ社会の一面を切り取ったことで見る者に衝撃を与えるとともに、写真表現の新たな試みとして高い評価を得た。1950年代後半からは映像製作を中心に活動するようになる。家族や友人たちとともに制作した初の映像作品『Pull My Daisy』や、虚構と現実が入り交じる独自の作品スタイルを確立した『Me and My Brother 』など、多くの映像作品を発表している。92歳を迎える現在もSteidl 社との写真集など精力的に活動を続けている。

ゲルハルト・シュタイデル
1950年ドイツ生まれ。1967年にデザイナー、出版人としての活動を始める。1968年、出身地であるドイツのゲッティンゲンにてSteidl 社を立ち上げ、ヨーゼフ・ボイスなどの美術展のポスター制作から着手。1972年に初となる書籍を出版し、以降、文学、アート、写真の本へと活動の幅を広げる。現在では編集、デザイン、印刷、製本、出版までを自社で行う独自のスタイルでアートブック業界を牽引している。2013年にドキュメンタリー映画『 世界一美しい本を作る男』が日本で公開され注目を集めた。



「Robert Frank: Books and Films, 1947-2016」展 Webサイト
http://steidlxtua.tumblr.com/






『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』