natsuki_suyama

両国「Knot Gallery」にて、須山奈津希の個展が開催





(以下、プレスリリースより)



身近な人。そうでもない人。見かけた人。もういない人。


質量から解放され、かろうじて輪郭をとどめる風景や人びと。

須山奈津希の作品は、まるでモチーフから受けた彼女自身の心象が、
そのままイラストレーションとして定着したかのような軽やかさを湛えています。

二度目の個展となる今回は、
11点の描き下ろしポートレイトを中心に構成したインスタレーションを発表いたします。

ふと目に留まった誰かの姿と、手向けられた静かなまなざし。
他には誰も知らないけれど、確かにそこにあったもの。


絵画はメッセージとなって、ギャラリーを訪れた別の誰かへとバトンされていきます。





suyama_03





須山奈津希
イラストレーター。2006年よりイラストレーターとしての活動を始める。書籍、雑誌を中心としたイラスト提供の他、バンドherajika、自身も参加しているsheepのCDジャケットのアートワーク、「charlie&patrick」「とても良いメガネ」等、しかけのあるzineの制作、旅と日常を絵とコラージュで記録するinstagram「I was here」など個人の制作にも力を入れている。読書と手紙にまつわるお店「Amleteron(アムレテロン)」からポストカードを発売。東京在住。

http://suyamanatsuki.polka3.com/





須山奈津希 個展「all that is beautiful」

会期:2016年7月8日(金)〜7月17日(日) ※火・水曜日定休
時間:12:00-19:00
会場:Knot Gallery
   東京都墨田区両国3-16-11








漫画『all that is beautiful』

展示にあわせて漫画『all that is beautiful』を出版します。
(会場ではパネルで展示、受注販売を行います。)

suyama_natsuki_manga_prologue

©Natsuki Suyama, Testuro Yasunaga & Knot-Gallery

Illustration and comic:Natsuki Suyama
Text:Tetsuro Yasunaga
Book:Design Atsuo Negishi

Published by HIROI Publishing






【オープニングレセプション】

日時:7月9日(土) 18:00-20:00
(どなたでもご参加ください。お待ちしております。)





Knot Gallery ウェブサイト
knot-gallery.com




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』