top2

謎のいきもの?ほじほじくんがみつけた、不思議でうつくしい星の絵本「ほじほじくんの星」。
読んだ後、つい空をみあげて星をさがしたくなってしまうような、かわいらしい物語です。

木の輪切りをそのまま版画にしてしまう木口木版(こぐちもくはん)という技法の、素朴でありながら、
微細でうつくしい世界観にも注目してみてください。







←はじめての方は、VOL.1から














『ほじほじくんの星』vol.2


















4


穴をのぞいてビックリ!
満天の星空が、広がっているではありませんか
「すご~~い!!」
こんなにたくさんの星ぼしを見るのは初めてです
ビー玉の中とは、くらべようがありません



















5


ほじほじくんは、目の前の星があまりにもキラキラして
きれいなのでほしくなりました
穴に落ちそうなくらい手をのばし、バタバタふり続けました
「やった つかんだ! この星はぼくのもの
なんてきれいなんだ」



















6


ほじほじくんが、うっとり星をながめてすごしている間
天の星空に、ちょっとした異変がおきていました
星がだんだん消えて、暗がりが広がっていたのです
でも、数えきれない星のこと
それに気がついたひとは、いなかったかもしれません
















←はじめての方は、VOL.1から
VOL.3→






森山佳代子(版画家)
東京藝術大学油画科卒業。1997年「第13回ニッサン童話と絵本のグランプリ」佳作。
1998年 銅版画制作開始。
2014年 木口木版画制作開始。本作品で、2015年「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」入選 。








*森山さんにききました*


この物語を骨太に支えているのは、ほじほじくんが見つけた宝物を
読んでいる側にも「宝物だ」と思わせてくれる、絵の説得力にあります。

並べてみていくと、好きなものを、小さな小箱にコレクションしていく心地よさがあって、
どことなく活版印刷のような「モノ感」を感じます。
もちろん木に彫って描く絵であるから、ふつうに紙とペンで描くのとは、ちがっているのでしょうけれど。
そのあたりから話を伺ってみました。


syoutaizyou
招待状 9.6×9.1 2015年6月制作(原版)



●紙とペンとで描く絵とのちがいってなんでしょう?

(木口木版は)絵を反転して版を制作します。右向きの人物は左向きになりますね…
これが、けっこう困ります。



●描き方について、もう少し詳しく教えてください。

木版は黒地からのスタートです。彫ったところが白くなる。
輪郭を表現したい場合は、周りを彫って"線を彫り残す"ことをします。
(これを黒線法といいます。)
それと、明暗の階調を表現する彫り方(白線法)とで作品はできています。
白線法というのは、陰影を表現して立体感を与えることで、
私は彫りながらデッサンしている感じがします。



●たしかに、そこは紙への描き方との大きなちがいですね。
描くのに難しいポイントってあったりしますか?


気をつけることは、彫り過ぎないこと。形が無くなってしまいますから!

それと、ペンに当たるビュランは、直線にしか彫れないので、
曲線や円を彫るには版木を回転させます。



●想像するだけでもなかなか簡単にはいかなそうですね。

木口木版を始めて2年過ぎました。けれど、まだキレイな円を彫る事ができません。
ビュランを使い熟すには時間がかかりますね。



●「慣れていないこと」と「表現される味わい」について関係があったりしますか?

今の時点では、慣れていない事に助けられていると思います。
どんな彫り方をしようかな?って、もたもた時間をかけてグチャグチャ彫っていますから。
未熟の勢いが味わいになっている感じでしょうか。

yumemoti
夢もち時間 11.6×9.3 2015年10月制作(原版)



森山さんは九月に個展を開催されます。詳細は次回お知らせいたします。






© Kayoko Moriyama






< キュレーター >
西村祐貴 / Yuuki Nishimura

絵本作家 / イラストレーター。
もじとことばのデザインユニット二歩としても活動中。

HP:www.nishimurayuuki.com
二歩:www.unit-niho.com








ART&MOREに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
著作物のご使用については、こちらにご連絡ください。当サイトへのリンクはフリーです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』