Norio-Taniguchi

ガーディアン・ガーデンにて、
第13回グラフィック部門グランプリを受賞した谷口典央の個展が開催



(以下、プレスリリースより)

谷口典央は、本来は木版画の版として使われる版木に、古代の遺跡や壁画からのイン
スピレーションや自身の空想をもとに彫った作品で、第13回グラフィック「1_WALL」
のグランプリを獲得しました。受賞作品は、「テレビゲームのRPGを想起させ、一歩間
違えると時代遅れになるテーマだが、これは今の時代に合う作品だ。」と高く評価さ
れました。

谷口は、現在「自分だけが知る、人々に忘れ去られた物語」をテーマに制作をしていま
す。世界各地の民俗や儀式から着想を得ている古今東西のモチーフが混じり合う絵
には、ノスタルジーと今まで見たことがない新しい風景が共生しています。一本一本の
線の構成により描かれている豹や蛇、天使などは、それぞれ明確な関係性を示されて
おらず、多様な解釈の余地を残し、見る人の想像力をかき立てます。「自分らしい作品
が出来れば、画材や支持体は関係ない。」と語る谷口は、油彩、水彩、ドローイング、
版画など、その時々のイメージに合う手法をとっています。どの作品にも共通する、伸
びやかで凛とした線の表現からは、異なる手法を楽しみながら使いこなす谷口の姿勢
を見てとることができます。

本展では新作の版木の作品に加え、油画やドローイングをあわせて展示します。受賞
から約1年後の個展を、ぜひご覧ください。


NORIO-TANIGUCHI_1

NORIO-TANIGUCHI_2

NORIO-TANIGUCHI_3



谷口典央
1988年福岡県生まれ。東京造形大学卒業。



第13回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展

谷口典央展「Faded Scene」


会期:2016年6月28日(火)~7月15日(金)
時間:11:00-19:00
休館:日曜
入場:無料
会場:ガーディアン・ガーデン
   東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F

※7月9日(土)はトークイベントを開催のため、15:50からイベント終了(17:30予定)までの間、
 展示はご覧いただくことができませんので、ご了承ください。



オープニングパーティー:
6月28日(火) 19:00-20:30

トークイベント:「画材と線」大原大次郎 × 谷口典央
7月9日(土) 16:00-17:30






ガーディアン・ガーデン Webサイト
http://rcc.recruit.co.jp/gg/







『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』