yomikaki_dm_0910_OL

京都「bgm gallery and shop」にて、金井香凛の個展が開催




(以下、プレスリリースより)


bgm gallery and shop、第2回の展示として、金井香凛(かないかりん)の個展を開催いたします。

1988年生まれ 長野県在住。金井が水彩で緻密に描き出す女の子たちはかわいくて、ビター。無表情だったり、目や顔を隠していたりと、不穏な空気と残酷な印象が漂うのに、しかしどこか軽やかです。
目を奪われるのはゴシック アンド ロリータの雰囲気を漂わせる絵の世界観と丹念な筆遣い。最も時間をかけるのが下描きです。下描きを完璧に描き、それを水彩紙にトレース。ペン等は使わず筆で描き上げます。
「顔がよく見えなかったり、無表情だったりするのは、絵描くとき、明るい気持ちで描いていないのでそんな絵になるのかなと思うんです」
自分の正直な気持ちに向き合いながら、借りものではない自分の表現を目指し、祈るような気持ちで描くといいます。
「作品を完成させると、人生の歯車がすこし動く感じがします。今回の展示も過去から明るい未来への、解放となればいいと思っています」

タイトルの「shuku shuku」はずばり〝祝〟。「bgm gallery and shop」のオープンに寄せてくれたうれしいメッセージです。さらに彼女の作品に多く描かれる、ツイン(対、双子、2⋯)や、シンメトリー(あるいはアシンメトリー) を意識して音が繰り返されています。

少しずつ描きためた作品を集めた、金井香凛にとっても2回目となる個展です。ぜひご高覧ください。




金井香凛
1988年生まれ 長野県在住。 水彩で緻密に描き出す女の子たちはかわいくて、ビター。 無表情だったり、目を隠していたりと、 不条理で残酷な印象が漂うのに、しかしどこか軽やかです。 少しずつ描きためた作品を集めた2回目となる個展です。

http://karin-zzz.tumblr.com





金井香凛 個展「shuku shuku」

会期:2016年7月1日(金)〜7月31日(日) ※期間中の金・土・日のみOPEN
時間:12:00-19:00 ※最終日は17:00まで
会場:bgm gallery and shop
   京都市下京区早尾町 313 番地 3 五条モール 2F 202








bgm gallery and shop ウェブサイト
http://bgmkyoto.tumblr.com




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』