roadside-tree_main

アーティスト・デュオNerholの新作展が、金沢のSLANTにて開催



(以下、プレスリリースより)

roadside-tree_01


このたびSLANTでは、アーティスト・デュオNerhol(ネルホル)の新作展「roadside tree」を開催いたします。

Nerholは、積層した様々な紙媒体を「彫刻」へと変容させる彫刻家・飯田竜太と、グラフィック・デザイナーとして二次元的表現の可能性を探求し続ける田中義久の二人によって展開されています。この一見交わることのない表現に身を置く二人から成るアーティスト・デュオは、これまでも大判のポートレイト写真を大量に重ね合わせたシリーズ「Misunderstanding Focus」などによって、平面・立体表現のどちらにおいてもかつてない境地を切り拓く存在として、近年高い注目を受けてきました。

彼らの新シリーズ「multiple–roadside tree」は、これまでの手法を用いつつ街路樹を主題としてさらに展開させたもので、きたる5月21日から金沢21世紀美術館にて開催される「Nerhol Promenade / プロムナード」展において発表されます。

その展示とあわせて開催される本展は、21世紀美術館で発表される作品と対比されるように構成されています。ここでは、輪切りにされた街路樹をもとのように積層させ、その姿を8×10カメラによって撮影した写真作品が展示されます。その姿には、紙の原料でもある樹木の本来の生々しい在り方と、彫り刻むという人間の原初的な行為、そしてそれら全てを平面へと還元する芸術的「変異」といった彼らならではの要素が、一枚の写真の中に瀟洒かつ圧倒的な迫力をもって凝縮されていると言えるでしょう。

同時期に金沢のみで開催される二つの展覧会において発表される新シリーズ「roadside tree」における、それぞれの対称的な「彫刻」もしくは「平面」への魅力的なアプローチを、ぜひご高覧ください。




Nerhol「roadside tree」

会期:2016年5月21日(土)~7月17日(日)
休廊:月曜、火曜(6/2〜6/7まで休廊)
時間:12:00-18:00
会場:SLANT 
   石川県金沢市広坂1-2-32 2F







Nerhol /ネルホル
彫刻家 飯田竜太(b.1981)とデザイナー 田中義久(b.1980)によるアーティスト・デュオ、2007年結成、東京在住。国内外の美術館やギャラリーの展覧会に参加し、現代の経済活動が生み出し続ける消費と生成、忘却という巨大なサイクルの急所を突くような作品を一貫して制作している。2014年には、Foam Talent Call 2014に選出。主な展覧会として、Foam Photography Museum(Amsterdam, 2015)での個展やYoungeun Museum of Contemporary Art(Korea, 2015)、L’Atelier Néerlandais(Paris)、Festival Images 2014(Switzerland)、など。
http://www.nerhol.com/




SLANT Webサイト
http://slant.jp




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』