shikashitanoshi01

自由が丘のKIAN art galleryにて、yurika kinoshitaの個展が開催中



(以下、プレスリリースより)

yurika kinoshitaは油絵を中心に抽象的な表現を続けるアーティストです。
2016年2月に発売されたKei Nishikori meets nujabes のCDジャケットのアートワークを手がけ、
3月にTSUTAYA六本木店にて原画が展示されました。

shikashitanoshi02

このプロジェクトをきっかけに、kinoshitaは今まで絵のテーマとして扱ったことのない、
ポジティブな感情を描き始め、本展でも全ての作品のテーマとしています。


shikashitanoshi03
また “キャンバスに描かれた絵画”の輪郭を壊すべく、スケートボードやTシャツ、キャップ、
スニーカーなどのファッションアイテムを用い、新たな試みとなる表現手法で作品を発表いたします。




shikashitanoshi04

<作家ステイトメント>

絵を眺めていると、「この絵を飾りたい」と身近に思うよりも、
なんだか自分の生活から遠い存在のような気がします。
人と絵の間にあるその距離感をどうにか近づけることができれば楽しいなと、
キャンバスを身近な素材にしました。
その身近な素材を探していると、東京という街で「アレに描いたら面白いな」というものがたくさんありました。
今回はその中から一つ、ファッションというアイテムを選び、
“しかし楽しい”というテーマで表現します。
− yurika kinoshita


<作家プロフィール>

1988年  佐賀県生まれ
2006年  京都造形芸術大学 空間演出デザイン 入学
2010年  武蔵野美術大学 空間演出デザイン 卒業
2011年  渋谷PARCO 「LOVE FOR NIPPON」アート展 参加
2012年  「木下友梨香 個展」 開催
2013年  ギャラリーKINGYO 「Derby展」 参加
2014年  yurika kinoshita+mao usami 「ふくとえ展」 開催
2015年  アート市@相模湖 出店
2016年  “KEI NISHIKORI meets Nujabes” CDジャケット 製作
2016年  TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 「peace」 開催




yurika kinoshita solo exhibition “しかし楽しい”

会期:2016年4月23日(土)〜5月1日(日)
時間:平日 13:00-19:00 / 土日 12:00-19:00
会場:KIAN art gallery
   東京都目黒区自由が丘1-3-21-2F
入場:無料






KIAN art galleryについて

自由が丘駅から徒歩5分、白い階段が目印の小さなギャラリーです。
作品のジャンルに関わらず、KIAN独自の視点で主に若手の作家を紹介しています。

HP : http://kian.co.jp
instagram : http://instagram.com/kian_art_gallery/
Facebook : http://www.facebook.com/KIAN.co.jp
twitter : http://twitter.com/KIAN_artgallery




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』