Takero-Kano

渋谷のNidi galleryにて、画家・狩野岳朗の個展が開催



(以下、プレスリリースより)

ニーディギャラリーでは約2年ぶり2度目となる画家・狩野岳朗の個展「SIDE DISH COMPOSITION」を開催いたします。

自身の新生活を機に生み出された新作のオイルペインティング。明るい光を内包するような作品は、新たな気持ちを映し出すかのようです。主に自然の考察に基づきながら描かれたこれまでの作品と比べて、より構成的なアプローチで生み出されるポップな抽象世界をどうぞお楽しみください。



狩野岳朗 Takero Kano
画家。本の装画やアパレルブランドとのコラボ、ワークショップ、ライブ、個展での作品発表など。
主な仕事に、本の装画『晴れたり曇ったり』(川上弘美 著)、『哲学散歩』(木田 元 著)、アパレルブランド「sneeuw」とのコラボレーション。
古道具屋「IONIO&ETNA」を運営。

http://www.sktec.org/




狩野岳朗個展「SIDE DISH COMPOSITION」

会期:2016年3月26日(土)~4月1日(金)
時間:12:00-20:00
会場:Nidi gallery
   東京都渋谷区桜丘町9番17号 TOC第3ビル (旧親和ビル) 408号室






Nidi gallery ウェブサイト
http://nidigallery.com




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』