suzukinobuo01

原宿のL’illustre Galerie LE MONDEにて、イラストレーター鈴木暢男の個展が開催



(以下、プレスリリースより)

雑誌「BRUTUS」にて連載されていた樋口毅宏著「ドルフィンソングを救え!」の装画や、新潮社「波」にて連載されていたドリアン助川著「ニューヨーク・サン・ソウル」の装画を担当していた鈴木暢男の約5年振りの個展となります。
ロケハンで歩いた渋谷・下北沢など東京の街を描いたドローイングと、近年描いた新作のドローイングや人物画を中心にした展示となります。
タイトルのMAGIC CITYとは、展示のイメージを想起するキーワードとして、80年代までミシシッピー州ファルコンに実在したジュークジョイントの店名から引用。

鈴木暢男ウェブサイト
http://www7a.biglobe.ne.jp/~nsuzuki/




鈴木暢男 個展「MAGIC CITY」

会期:2016年3月1日(火)~6日(日)
時間:12:00-20:00 ※最終日17:00まで
会場:L’illustre Galerie LE MONDE/ギャラリー・ルモンド
   東京都渋谷区神宮前6-32-5 ドルミ原宿201
入場:無料





<オープニングパーティー>
日時:3月1日(火) 17:00-20:00




L’illustre Galerie LE MONDE ウェブサイト
http://www.galerielemonde.com




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』