maiko-kanno

代官山のGALLERY SPEAK FORにて、アーティスト・菅野麻衣子の個展が開催



(以下、プレスリリースより)

このたびGALLERY SPEAK FORにおきまして、
アーティスト / イラストレーター、菅野麻衣子氏による個展「いっしょにしないで」を開催いたします。


少女をモチーフに、その喜怒哀楽や微妙な情感のこもったシーンを繊細な筆使いで描き続けている菅野麻衣子氏。少女たちは皆、子どものような身体バランスを持ち、ひとつとして同じ顔はなく、日々筆先から産み落とされる菅野氏自身の分身のようにして、一人芝居を演じては見るものの心の深みへ人懐っこく入り込んでいきます。宙を舞うような彼女たちの視線は、人間たちには見えていない真理をめがけてミステリアスに浮遊。それゆえ絵のフレームを大きく逸脱するように、長大な劇の一場面を思わせる緊張感、深読みしたくなるシュールさと甘い悦楽が混交した仮想現実が構成されているのです。

色彩バランスの巧みな設計がポップな可愛らしい口当たりを演出しますが、アクリル絵具の塗りをメインにした緻密で着想豊かに構図を駆使する描画スタイルは、老若男女、幅広いファンから大好評。仙台を拠点にして国内外で活発に作品発表を続ける一方で、ロックバンド「Brian the Sun」のCDカバーを担当するなど、広告や商業デザインに近接する分野でも、彼女の才能は高く評価されています。

本展は、彼女にとって2年ぶりとなる東京での個展です。2015年11月に大阪で開いた同名展を受けて企画されました。「あなたとわたしは違う」。絵に登場する個性的な少女たちから聞こえてきそうな、わがままで純粋な主張がタイトルに。アクリル画シリーズの他、Brian the Sunの新譜カバーに合わせた猫モチーフの絵、最近好評を集めている鉛筆画のシリーズなど、合わせて約40点を展示・販売いたします。また、新作作品集「ROLE」の他、オリジナルポーチやレターセットなどの雑貨類も紹介・販売いたします。



菅野麻衣子 アーティスト / イラストレーター
1983年宮城県生まれ。宮城県宮城野高校美術科を卒業後、仙台を拠点に創作を開始。2003年、せんだいアートアニュアル2003にて「明和電機賞」を受賞し注目を集める。2006年、東北生活文化大学生活美術学科を修了。以後、精力的に作品制作と国内外での展示活動を展開中。ロックバンド「Brian the Sun」のCDジャケットや仙台市交通局のICカード乗車券「イクスカ」の券面デザインでも知られる。最近のおもな個展に「ソプラノ」(2014年、仙台・晩翠画廊)、「3度目のチャイム」(2015年、仙台・artroom Enoma)、「いっしょにしないで」(同年、大阪・DMO ARTS)。
http://maikokanno.jp/



菅野麻衣子 いっしょにしないで

会期:2016年2月19日(金)~3月2日(水)
時間:11:00-19:00(※毎週木曜休)
入場:無料
会場:GALLERY SPEAK FOR
   東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR 2F






【ギャラリートーク開催】
日程:2016年2月19日(金) 18:30~19:00 入場無料
作品解説=菅野麻衣子 聞き手=大山美鈴(アーティスト)


GALLERY SPEAK FOR ウェブサイト
http://www.galleryspeakfor.com/




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』