magma_top

中目黒のギャラリーVOILLDにて、アーティストユニット・マグマによる個展が開催



(以下、プレスリリースより)

このたびVOILLDは、杉山純と宮澤謙一によるアーティストユニット、
マグマによる新作個展「SYMVOL(シンボル)」を開催致します。

樹脂、廃材、電動器具、木などを手作業で組み合わせ創りだす独特な世界観を得意とし、
広告美術、空間演出、家具、プロダクトまで幅広く手掛け、作品を制作し続けているマグマ。
誰もが見覚えのあるキャラクターやモチーフ、道具などを主題にし緻密に構成された作品群は、
一見キャッチーでありながら寓話的であり、違和感を感じさせます。
人々が思い描いていたファンタジーや美意識の感覚を破壊されるような衝撃と、
潜在意識に訴えかけるような表現は、私たちや社会が持つ固定概念という
無意識の存在に対しての疑問や嫌悪の表れであり、
古い価値観を打ち壊そうとする改革と言えるのです。

今回の展覧会では、日々の生活で必ず目にすることのある標識や看板、建築などをはじめとする
大小様々なシンボリックなモチーフを、マグマによる解釈で再構築し制作された
オブジェやスカルプチャーなどの立体作品を中心に、
コラージュ、ペインティングの平面作品、約30点を発表致します。
会場では展示作品をはじめ、新作となるキーホルダーなどの限定グッズも販売致します。
皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げております。



magma_prof_s


VOILLD_2016_magma_works02s
© magma



magma | マグマ
杉山純と宮澤謙一によるアーティストユニット。
2008年結成から都内の制作スタジオ「studio magma」を拠点に活動中。
2012年より武蔵野美術大学非常勤講師に就任。
ゆず「終わらない歌」MVの美術、アリーナツアー”TOWA”ではツアータイトルデザイン、
ステージセットに美術作品を提供。
他 木村カエラ、サカナクション、きゃりーぱみゅぱみゅなどのMV美術、
NHK「Music Japan」の番組セット、keisuke kanda新宿店の店舗内装なども手掛ける。
どこか懐かしさを覚えるアナログ感とクレイジーな色彩が融合した作品世界は、
国内だけでなく海外からも注目を集めている。

www.magma-web.jp



magma exhibition “SYMVOL”

会期:2016年3月12日(土)~4月3日(日)
時間:水木金 12:00〜20:00|土日 12:00〜18:00 ※月・火曜日休廊
入場:無料
会場:VOILLD(ボイルド)
   東京都目黒区青葉台3-18-10 カーサ青葉台B1F






VOILLD ウェブサイト
http://www.voilld.com




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』