kian_watanabe_top

自由が丘のKIAN art galleryにて、渡部俊文の個展が開催



(以下、プレスリリースより)

「ただ静かにさらりと眺めるのではなくて、 どうぞ、存分にガヤガヤしながら見ていって下さい。」
– 渡部 俊文

カメラマンの渡部俊文は毎晩帰宅後に絵を描いている。
傍らには缶チューハイ、流れているのは深夜ラジオ。
その日に見たものや聞いたこと、好きな甲子園のこと、食べている目の前の餃子。
そういう渡部の生活の一片一片が毎夜、紙の上に描き出される。
不思議と見る人の心を和ませる登場人物たちは、何か物語を語りかけてくるよう。
ストーリーを想像しながら、ガヤガヤと、話しながら見て頂けますと幸いです。


instagram:http://www.instagram.com/1010toshi/


a b




渡部俊文 個展 “今夜も酒を吞みながら”

会期:2016年2月27日(土)〜3月6日(日)
時間:平日 13:00-19:00 / 土日 12:00-18:00
会場:KIAN art gallery
   東京都目黒区自由が丘1-3-21-2F
入場:無料






KIAN art galleryについて

自由が丘駅から徒歩5分、白い階段が目印の小さなギャラリーです。
作品のジャンルに関わらず、KIAN独自の視点で主に若手の作家を紹介しています。

HP : http://kian.co.jp
instagram : http://instagram.com/kian_art_gallery/
Facebook : http://www.facebook.com/KIAN.co.jp
twitter : http://twitter.com/KIAN_artgallery




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』