ART&MORE_gallery_09

ART&MOREギャラリーでは、
クリエイターのアイデアやコンセプトがカタチになった、
オリジナリティあふれる魅力的な作品を紹介していきます。


第9回目は、中村至男さん作「はかせのふしぎなプール」(福音館書店刊) をご紹介します。




a-scientist-and-his-amazing-pool




a-scientist-and-his-amazing-pool_01




a-scientist-and-his-amazing-pool_02




a-scientist-and-his-amazing-pool_03


© Norio Nakamura



『どっとこ どうぶつえん』に次ぐ、中村至男さんの絵本第2作目。
驚きと発見のある、親子で楽しめるユーモラスな一冊。


『はかせのふしぎなプール』
作:中村至男
定価:本体389円+税
発売日:2015年8月

福音館書店(こどものとも 2015年9月号)
http://www.fukuinkan.co.jp/magadetails.php?goods_id=23530




Norio Nakamura 中村至男 / Norio Nakamura
アートディレクター/グラフィックデザイナー。日本大学藝術学部卒、ソニー・ミュージックエンタテインメントを経て独立。PlayStation「I.Q」、アートユニット「明和電機」のグラフィックデザイン、雑誌『広告批評』(1999年)、携帯電話サイト「うごく-ID」、NHKみんなのうた「テトペッテンソン」、「勝手に広告」、絵本『どっとこ どうぶつえん』など。NYADC銀賞、文化庁メディア芸術祭優秀賞、東京ADC賞、東京TDC賞、ボローニャ国際児童図書賞など受賞。

Web:http://nakamuranorio.com/




「はかせのふしぎなプール」についての3つの質問



ーー「はかせのふしぎなプール」のアイデアを思い付いたのはいつごろで、どんなきっかけですか?

小さいころ、近所のどぶ川にいろんなゴミが浮いて流れてきたり、
なんだあれ??とか、そんな経験でしょうか(笑)


ーー子どもたちに本作の読み聞かせを行われたとのことですが、
  子どもたちの反応はいかがでしたか?


前作「どっとこどうぶつえん」の時もそうでしたが、
大人との差はほとんどなく、みんなバシバシと答えを当ててくれてました。
こどもだからと、ナメちゃいけないと思いました(笑)。


ーー表現にいちばん苦労したのはどの部分で、とくにうまくいったのはどの部分ですか?

絵の点では、初めての人物描写が難しかったです。
プールの中身に目がいくように、なるべく表情やポーズを描きすぎないようにしました。
キャラクター設定は、マッドサイエンティストのはかせと、凡人じょしゅくん、という、
典型的な組み合わせをベースにキャラづけをしましたので、そんなに苦労はありませんでした。



© Norio Nakamura



ART&MOREに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
著作物のご使用については、こちらにご連絡ください。当サイトへのリンクはフリーです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』