SUGIZAKI-Ryoko

代官山のGallery子の星にて、新聞恐竜作家・杉崎良子の個展が開催。



(以下、Gallery子の星ウェブサイトより)

ヒトという生き物が、化石を手がかりに探究心と想像力をもちいて、
恐竜という生き物の形を創りだしてきた。
ヒトは情報を中心に日々生きている。

それは毎日見る新聞に象徴されると思う。
新聞の役目を終えると、新聞紙となり、その痕跡を残しながら、
生活の中でさまざまに使われる。

そんな新聞紙が恐竜の形をなす。

ヒトと恐竜の一見、離れている世界のようで、
密接に関わっている不思議さをご覧いただければと思います。



シンブンシキョウリュウ

会期:2015年4月22日(水)~4月27日(月) ※入場無料
時間:12:00-18:00 ※最終日17:00まで
会場:Gallery子の星
   東京都渋谷区代官山町13-8キャッスルマンション113




Gallery子の星 ウェブサイト
http://www.nenohoshi.com/

杉崎良子 ウェブサイト
http://www.onikudaisuki.jp/



*
新聞紙で作られる、美しいアート作品。
進化を続ける、作家SUGIZAKI Ryokoの新聞紙恐竜をこの機会にぜひご覧ください。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』