together

アメリカのコミックアーティスト、アンディ・リメンターの日本初個展が開催



(以下、gallery commune プレスリリースより)

アメリカ東海岸で活躍するアーティストAndy Rementerの日本初個展を開催します。
2014年に韓国のSSE PROJECTからリリースされた彼のこれまでの軌跡を網羅した作品集「Andy Rementer / 앤디 리멘터」は世界中で好セールスを記録しました。
また同時期にソウルのEveryday Mooonday Galleryで開催された個展は目の肥えたファンで連日大盛況、展示作品はほぼ完売。
アジアでも高い注目を集める彼の作品を、今年はここ東京で見ることができます。
ドローイングやペインティング、コミック、アニメーション、立体など様々なアプローチで世界中の人々を魅了する Andy Rementer待望の初来日展にどうぞご期待ください。


Andy Rementer / アンディー・リメンター
アメリカ出身のイラストレーター/コミックアーティスト。
手描きのタイポグラフィやヴィンテージカラーをこよなく愛する彼の作品はNew York Times、MTV、Warner Brothers、Apartamento Magazineなど多くのメディアで取り上げられ、
2010年にはアートディレクターズクラブ(NY ADC)によるヤングガン(30歳以下のプロのクリエイターを対象とした国際賞、毎年世界ベスト50人を選出)を受賞。
日本でも人気のKiehl’sの キャンペーンデザインや雑誌 Casa BRUTUSの表紙も手がける、今最も注目すべきアーティスト。
http://andyrementer.com



gallery commune presents
Andy Rementer solo exhibition ” TOGETHER ”
アンディー・リメンター 個展「共に」

会期:2015年4月24日(金)〜5月6日(水) ※木曜定休
時間:平日:14時〜20時/土日祝:12時〜19時 ※初日は18時オープン
会場:gallery/cafe/shop commune
   東京都世田谷区代田5-28-3-1F
   http://www.ccommunee.com
オープニングレセプション:4月24日(金) 18時〜21時




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』