kyotographie201314_2015

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭のプレイベントがPASS THE BATON GALLERYで開催。



(以下、PASS THE BATON GALLERYウェブサイトより)

PASS THE BATON GALLERY第69回目は、『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2013,14→2015』。
「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」は、世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される日本でも数少ない国際的な写真祭です。日本および海外の重要作家や貴重な写真コレクションを、趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展開し、伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションを実現するなど、京都ならではの魅力に溢れており、京都が1年でもっとも美しくなると言われる春の季節に、約3週間にわたって開催されることも大きな特色の一つと言えるでしょう。KYOTOGRAPHIE2015では、今夏OPEN予定のパスザバトン京都祇園店(現:祇園新橋伝統的建造物)を展示会場として提供予定です。
プレイベントとしてPASS THE BATON GALLERYでは、作品の選定やその展示方法が独自性に富みセンスに溢れているKYOTOGRAPHIEで過去に展示されたアーカイブ作品や展示用什器を展示販売いたします。

―展示内容詳細―
・2013年、2014年に展示されアーカイブ作品を展示販売。
・過去の展示用に制作、使用した什器を特別展示販売。



『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2013,14→2015』

会期:2015年3月19日(木)~2015年4月19日(日)
時間:11:00~21:00 (日祝は11:00~20:00)
会場:PASS THE BATON GALLERY
   東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F



PASS THE BATON GALLERY ウェブサイト:
http://www.pass-the-baton.com/


【関連イベント】

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015』
<今年のテーマ>「 TRIBE: あなたはどこにいるのか?」
TRIBEを直訳すると「部族」となりますが、ここでは血や地域といった先天的なつながりだけではなく、個々人の意志で結ばれた様々な視点からなる人間の集まりを指しています。そして様々な視点とは、世界の先住民文化やその歴史はもちろん、現代ポップカルチャー までもが含まれる、いわば表現しえる思想や文化全般に関わるものです。新しいTRIBEという視点の発見が、誰もが尊く素晴らしいということを再認識させる一助となり、また情報過多のこの現代において自分の立ち位置を見つめ直すきっかけとなるよう、KYOTOGRAPHIE独自の視点からセレクトされた14の写真展を15の会場で行います。

会期:2015年4月18日(土)~5月10日(日)
主催:KYOTOGRAPHIE 実行委員会
共催:京都市、京都市教育委員会
URL:http://www.kyotographie.jp/


『フォスコ・マライーニ 海女の島:ルガノ文化博物館コレクション』
2015年夏『パスザバトン京都祇園店』として新たに生まれ変わる『祇園新橋伝統的建造物』では、【フォスコ・マライーニ 海女の島: ルガノ文化博物館コレクション】を展示いたします。イタリアの文化人類学者マライーニは、1939年に初来日、1942年~1943年に京都に暮らし、戦後イタリアへ帰国した後も度々日本を訪れ、多くの日本に関する文章や写真を発表しました。戦前の日本を知る彼は、伝統的なその生活や価値観が失われていくことに危機感を感じ、自らの表現活動を通して「伝える」ことで文化を守ろうとしていたと考えられます。マライーニの写真を通して世界の目に触れた、’50年代の日本の海女の姿、そして日本文化がいまふたたび日本に戻り、当時海外で人々を魅了したように現代の私たちを魅了する事でしょう。若き日に家族と暮らした京都は、マライーニにとっても特別な場所であり、今年、京都市とフィレンツェ市の姉妹都市提携50周年を記念して、本展の開催が実現しました。

会期:2015年4月18日(土)~5月10日(日)
時間:10:00〜21:00 ※入場は20:30まで 会期中無休
会場:祇園新橋伝統的建造物(パスザバトン京都祇園店/2015夏OPEN予定地)
   京都市東山区末吉町77-6、103-2
詳細:http://www.pass-the-baton.com/blog/?p=17187




独自のセレクションを見せ、注目を浴びるKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭。
プレイベントとして開催される本展では、これまでの展示内容を東京で鑑賞することができます。
貴重な機会をどうぞお見逃しなく。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』