波光Ⅰ

遠藤湖舟の写真展が、日本橋髙島屋にて開催



(以下、プレスリリースより)

あなたは空を見あげていますか? あなたは地上を見つめていますか?

天空から地上に至るまで、壮大かつ繊細な“美”を写真という技法で表現。会場では、星々から身近な美までを見つめ撮影した作品約130点を大型アクリル作品(高さ1.8m/幅2.7m)や大判プリント作品(高さ1.5m/幅2.2m)や、屏風、掛軸、映像などさまざまな手法で立体的に表現し、ご覧いただきます。

日々刻々と変わる自然を絶えず見つめることで、身近な日常に存在する“美”の瞬間をすくい取ろうとする写真家、遠藤湖舟氏。とくに風に揺れる水面に現れた一瞬の“美”を捉えた<ゆらぎ>シリーズは、遠藤氏の代表作といえます。また、作品のほとんどは東京やその近郊で撮影されており、ほんの少し立ち止まり見つめれば、“美”が身近なところにあふれていることに気づかされます。


皆既光跡0708287045
「皆既光跡」


凍れる太陽0601053987
「凍れる太陽」


0408180021_640 (1)
「天空の色彩」


昇る金星0301050000
「昇る金星」


Yuragi-0701112626_©_640 (1)
「Yuragi‐0701112626」


遠藤湖舟(えんどう・こしゅう) プロフィール
1954年長野県生まれ。幼少時より豊かな自然に囲まれて過ごし中学時代より天体写真を撮り始める。天体への興味は尽きず、高校(長野県松本深志高等学校)では、天体観測などを行う地学会と写真部の両方に所属。早稲田大学理工学部応用化学科を卒業、企業に務めた後、写真家に転向する。アートシーン、人物、風景、天体写真など幅広い撮影を手掛ける一方、デザイン、コピーライトなど総合的なアート表現を行う。1983年、撮影に約3年を要した美術年鑑社の日本画家川合玉堂作品集を手掛ける。2004年には千葉県で撮影したブラッドフィールド彗星の写真が話題となり海外誌に掲載される。2006年より本格的に個展を開催し、これまでにない写真と音楽のコラボレーションによる空間表現を展開している。2014年、葉山文化園での個展『「そこにある美」立ち止まり、見つめて』では写真を超える表現や、独自の世界観の作品が人々に深い印象を残した。代表作『宇宙からの贈りもの』に日本画家の平山郁夫氏から、「美は、すぐそばにあることを、この写真集は語りかけてきます。時を超えた“美”が、そこにあります」という推薦文が寄せられている。

【個展】
2006年 『Photomelos 光の旋律Ⅰ』 (アプリコホール 東京) 『Photomelos 光の旋律Ⅱ』 (SKホール 東京)
2007年 『Photomelos 光の旋律Ⅲ』 (アプリコホール 東京) 『宇宙の星、地球という星』(新宿野村ビル 東京) 『Photomelos 光の旋律Ⅳ』 (松本市民芸術館 松本) 『遠藤湖舟写真展』 (八十二銀行ギャラリー 松本)
2008年 『Fusion field』(のざわギャラリー 京都) オーケストラとのコラボ『宇宙からの贈りもの』 (代々木オリンピックセンターホール 東京)
2009年 オーケストラとのコラボ『宇宙からの贈りもの』 (代々木オリンピックセンターホール 東京)
2014年 葉山芸術祭参加企画 遠藤湖舟写真展「そこにある美」 立ち止まり、見つめて(葉山文化園/神奈川)
– 今後の予定 –
2015年 遠藤湖舟写真展『Victor Hasselbladへのオマージュ』
(3月25日(水)~4月30日(木)/ハッセルブラッド・ジャパン・ギャラリー)

【出版】
2007年 『宇宙からの贈りもの』(講談社刊)
2010年 かがくのとも10月号『ひるまのおつきさま』(福音館書店刊)

遠藤湖舟 ウェブサイト
http://www.geo-japan.com/koshuendo/



遠藤湖舟写真展「天空の美、地上の美。」-見つめることで「美」は姿を現す-

会 期:2015年3月25日(水)~4月5日(日)
時 間:10:00~19:30(20:00閉場) ※最終日は17:30まで(18:00閉場)
入場料:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
会 場:日本橋髙島屋 8階ホール
    東京都中央区日本橋2丁目4番1号
主 催:読売新聞社
企画協力:株式会社ブレインズ・カンパニー




日本橋タカシマヤ ウェブサイト
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/


[巡回情報(予定)]
4月8日(水)~4月20日(月) 京都髙島屋7階グランドホール
5月8日(金) ~5月18日(月) 大阪髙島屋7階グランドホール
7月29日(水)~8月10日(月) 横浜髙島屋ギャラリー<8階>



家の近くの多摩川を主な撮影場所とし、天体から、足元の草花まで、
都会の自然が見せる、一瞬の「美」を捉える作家、遠藤湖舟氏の作品展。
この機会に、どうぞご覧ください。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』