PMKen2_pr_001

P.M.Ken3年ぶりの個展が、GALLERY SPEAK FORで開催



(以下、プレスリリースより)

ファッションや音楽、スポーツなど幅広い分野において、数多くのコマーシャルワークを手がけているP.M.Ken氏。
写真メディア本来の美質を重んじつつ、大胆なアイディアと優れた技術を活かした世界観は、
キャリアの初期から高く評価されてきました。
彼がライフワークのように取り組んでいるのが「crosspoint」シリーズです。
海外の街と東京のシティスケープをデジタルカメラで収め合成を施し、全く新しい風景写真として再生するもの。
日本と世界各地とがシームレスになり、異文化が結合する驚くべき都市景観には、
ボーダーレス社会の仮想へ現実が追いついたような奇妙な安堵と、美しさとユーモアがあります。

2010年に初めて、彼がこのファーストコレクションをGALLERY SPEAK FORで披露すると、
内外から大きな反響を集めました。
その後、同名写真集にまとめられ、さらに大阪や京都、福岡など、異なる都市も題材にして制作し続けています。
本展は、P.M.Ken氏にとって約3年ぶりとなる個展です。
本シリーズのコンセプトを携えつつ、世界各地を訪れ撮影している彼。
「世界情勢は刻々と変化しており、5年を経てみると、本作にとって”場”が肝ではあるが、
“時間”も次に重要なことが見えてきた」と彼は語ります。
再訪して変化を目の当たりにした場所と、変わらない場所。
それぞれが彼に、また新しい視座を与えました。
洋の東西の相関だけではなく、過去と現在もシームレスに合わされ、より一層深みを増した新作群が公開されます。

印画用和紙(局紙ピクトラン)を使ったアイリスプリントによるモノクローム作品、約20点を展示・販売いたします。
また、写真集やTシャツ、トートバッグなどの関連商品も紹介・販売いたします。


P.M.Ken フォトグラファー

1990年、東京造形大学卒業後、フリーのフォトグラファーとして独立。
96年、初めての個展を開催。この頃よりMacとフォトショップを駆使した合成写真に取り組み始める。
その独特のスキルとアイディアが高く評価され、「VOGUE」「SPUR」などの雑誌や、
LOUIS VUITTON、Diorなどの広告、その他ミュージックビジュアルの分野など国内外で活躍中。
2010年に、GALLERY SPEAK FORにて「crosspoint」展を開催。
2012年に同名写真集を出版し、東京と大阪で記念写真展を開催した。

P.M.Ken ウェブサイト
http://www.pmken.com



P.M.Ken crosspoint 2015

会期:2015年2月27日(金)〜3月11日(水) ※木曜休廊
時間:11:00~19:00 ※最終日のみ~18:00
会場:GALLERY SPEAK FOR
   東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR 2F

【ギャラリートーク】
日時:2015年2月27日(金) 18:30~19:00 入場無料
作品解説:P.M.Ken

※展示作品は全て販売いたします。
※会場の都合により祝花などは固くお断りいたします。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※最終日のみ18時までとなりますのでご注意ください。




GALLERY SPEAK FOR ウェブサイト
http://www.galleryspeakfor.com




写真ファンには待望のP.M.Ken crosspoint最新作。
過去と現在をも加えたという本作ではどのようなクロスポイントが見られるでしょうか。
世界中のどこでもあり、どこでもない風景をどうぞご覧ください。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』