at-top09

何もない道でつまずいたり、消したはずの電気がついていたり、
開けたばかりのお菓子がいつの間にかなくなっていたり・・・。

何かに見られているような感覚やおかしな記憶。
それはきっと不思議な生物の仕業だと思うのです。

そんな、わたしが見つけた未確認生物たちを紹介していきたいと思います。



e01
 
「ウォーク」

・サイズ・・・おしりぐらい
・重さ・・・大きな大根1本

普段は穏やかな性格だが、驚いたり焦ったりすると早歩きになり動き回る。
動き回ると何かに衝突しないと止まることができない。

 

 

e02
 
「もっしゃ」

・サイズ・・・指一本〜手のひらサイズ
・重さ・・・葉っぱ3枚〜5枚

学校の校庭や土手など主に風を受けやすい場所に生息しており、
いつも付け髭を推進している。人の顔にとまっては髭っぽく居座る。
はらわれても何度でも顔にとまり付け髭の演出をしてしまう。

 

 

e03
 
「パックン」

・サイズ・・・みかん1個
・重さ・・・100円玉50枚

口のようなものを開き不幸を食べ、食べれば食べる程、金色に光る。
お正月は特に巣鴨での目撃情報が多く、おばあちゃんに大人気。

 

 

e04
 
「もちころ」

・サイズ・・・初めは柏餅1つ
・重さ・・・初めは柏餅5つ

もちもちとした肌質で、触れると弾力がありベトベトしている。
歩く度にゴミやお金を貼り付けて大きくなっていく。
大きくなりすぎると何もしなくなり、動かずに過ごす。

 

 

e05
 
「バルル」

・サイズ・・・大きい人の顔ぐらい
・重さ・・・雲1つ

丸いフォルムは柔らかく、クマやトイプードルに変化することが多い。
自由に動き回れない事にコンプレックスがあり、
自分を軽くすることで風に揺られて移動するため、結局は風任せ。

 

 

 

くらもちあすか / Asuka Kuramochi

茨城県出身。日常に溢れるモチーフを中心に、
擬音語/擬態語を用いて抽象的に描写します。

 

Web site
http://asukakuramochi.com

twitter
https://twitter.com/KURAM0CHI

Instagram
http://instagram.com/kuramochiasuka

 

at-sumu09
 
Main visual design:こぐれ そう(ousia

© Asuka Kuramochi


ART&MOREに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
著作物のご使用については、こちらにご連絡ください。当サイトへのリンクはフリーです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』