cotori

鳥取の食と手仕事を中目黒で楽しむイベント「co-tori」、今年も開催!



(以下、co-toriプレスリリースより)

北は日本海、南には中国山地の山々が広がる鳥取県。
鳥取砂丘、大山や水木しげるロードが観光名所。
豊かな自然とおいしい食べ物、大小さまざな温泉が自慢の鳥取県は、日本一人口が少ない県としても知られています。

自然に恵まれた風土を象徴する鳥取の手仕事と旬の食材を東京・中目黒を街歩きしながら楽しむことができるイベントとして2013年にスタートした「co-tori(コトリ)」。
3年目となる今年は参加店舗もさらに増え、3月4日(水)・5日(木)の夜に中目黒界隈の10店舗で鳥取の日本酒と食材を楽しめる呑み歩き食べ歩きイベント「co-tori BAL」を行うほか、会期中は器と道具のショップ「SML」で陶器、和紙、型染め、鋼など鳥取の多彩な手仕事を紹介する「TOTTORI craft」展を開催。
また、2月28日(土)には新橋にある鳥取県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」でTAKIBI BAKERYが、鳥取県の山、川、海などの特徴的な地形を、地域の食材や特産品を使ってケータリングで表現するオープニングイベント「co-tori酒場」も開催されます。

2月28日(土)からの9日間、東京で出逢う小さな鳥取をお楽しみください。



co-tori 2015

会期:2015年2月28日(土)~3月8日(日)
メイン会場:SML
      東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル 1F
      ※企画ごとに会場が異なりますので、詳細は下記をご覧ください。





co-tori BAL(コトリバル) 

会期:3月4日(水)・5日(木)
時間:18:00~22:00
参加登録場所:SML ※受付時間は18:00~21:00
参加費:1,500円
会場:cafe RED BOOK、Malmö 、CAFE&CATERING TORi、のひのひ、SOAKS、
   nakameguro 燻製 apartment、豊前房、tope、エムソラ、DEL SOLE

鳥取の日本酒と食材を楽しんで頂ける、2DAYS限定呑み歩き食べ歩きイベントです。
まず最初に、co-toriのメイン会場「SML」で参加登録(参加費1500円)をしてイベントスタート。
参加者には鳥取の窯元でつくられたぐい呑みをプレゼントします。
中目黒界隈のco-tori参加10店舗では、お店ごとに用意された鳥取食材を用いた限定メニューを注文すると、鳥取産の地酒が1ドリンク無料でお楽しみいただけます。
全店舗を1日で回るもよし、2日間かけて回るもよし。
ぐい呑み片手に、夜の中目黒で鳥取を満喫しましょう!

<スペシャル企画>
新酒の名付け親になろう!「山根酒造場 新酒ネーミングライツ」採用された方には4合瓶を5本プレゼント!
受付で振る舞う山根酒造場の新酒の名前を募集します。
採用されると応募した日本酒の名前が商品化され、山陰の美味しい食を発信する「炉端かば」各店にて販売されます。



TOTTORI craft 展(トットリクラフト展)

会期:2月28日(土)~3月8日(日)
時間:12:00~20:00(土日祝は11:00~20:00) 入場無料
会場:SML

鳥取は民藝運動家吉田璋也により民藝の思想が実践された地。
現在も「用の美」の精神と過去の技術に学びながらも、今の時代にあったものづくりの姿勢が根付いています。
co-tori会期中、メイン会場「SML」で鳥取の陶器、和紙、型染め、鋼の多彩な手仕事をご紹介します。

【展示販売予定の作り手】
岩井窯、山根窯、延興寺窯、因州中井窯、福光焼、牧谷窯、大因州製紙協業組合、山口邦子、吉田璋也デザイン ナイフ



<オープニングイベント>

co-tori 酒場(コトリ酒場)

日時:2月28日(土) 18:30~22:00
参加費:3,000円
定員:50名 ※予約制、cotoriウェブサイトよりお申込みください。
会場:とっとり・おかやま新橋館
   東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス2F 催事スペース

TAKIBI BAKERYによる、鳥取県の食と文化に触れるケータリングイベント「食で表現する鳥取県 on ロングテーブル」を開催します。
鳥取県の山、川、海などの特徴的な地形を、その地域の食材、特産品を使って表現します。
食で出来た鳥取県を俯瞰で見ながら味わってもらうことで、鳥取県の風土を感じてもらう、体験型のケータリングです。
当日は、鳥取県の谷本酒店がコーディネートした日本酒をお楽しみいただけます。


co-toriウェブサイト:
http://co-tori.jp

SMLウェブサイト:
http://www.sm-l.jp



中目黒を散策しながら、あるいはオープニングイベントに足を運び、“小さな鳥取=co-tori”を発見してみませんか?
食に手工芸に、鳥取の魅力に出会える9日間となりそうです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』