taniten_top

「単位」をテーマにした展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTにて開催



(以下、21_21 DESIGN SIGHTウェブサイトより)

21_21 DESIGN SIGHTでは2015年2月20日より、企画展「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」を開催します。

空気、水、モノ、光、音、自然環境――そのままでは捉えにくい世界に一定の基準を設けることによって比較や共有を可能にした知恵と思考の道具。それが「単位」です。長さを測るメートル、重さを量るグラム、時間を計る秒など、私たちの身の回りには様々な単位があり、生活するうえで欠かせないものとなっています。身近にあるデザインも数々の単位の掛け合わせによって生まれています。

世界の共通言語のように誰でも使える単位がある一方で、それぞれの社会や風土に根ざした独自のものもあります。たとえば日本なら畳のサイズや坪数など、今でも暮らしに深く根づいている尺貫法。イギリスではごく最近まで距離をヤードによって定めていました。通貨の単位も国によって様々です。近年ではピクセルやバイトなど、新しい単位も生まれています。

また、建築、プロダクト、印刷やパッケージなどの製品を開発するためには設計、製作、流通、販売にいたるまで、ありとあらゆるものづくりの過程において様々な単位が用いられます。この単位を通して、私たちは思い描いたイメージを共有し、形づくっていくことができます。

単位をテーマとした本展は、多種多様なモノやコトの中にどのような単位があるのかを知り、実感することによって、モノがつくられたプロセスやデザインに対する考え方、さらには単位が生み出された文化や社会背景を見つめるきっかけとなるでしょう。

単位で遊ぶと世界は楽しくなる。単位を知るとデザインはもっと面白くなる。

単位というフィルターを通して、私たちが普段何気なく過ごしている日常の見方を変え、新たな気づきと創造性をもたらす展覧会です。


message_10people
「10人でできること:歩幅を使って横断歩道の長さを測る」(Photo: 川瀬一絵)


■展覧会チーム

企画:中村至男/展覧会グラフィック
   鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)/会場構成監修
   稲本喜則(AXIS)/テキスト
   岡本 健/会場グラフィック
   菅 俊一/コンセプトリサーチ
   寺山紀彦(studio note)/展示構成
企画リサーチ協力:石黒知子、上條桂子、土田貴宏
学術協力:星田直彦
会場構成協力:五十嵐瑠衣
ショップ監修:山田 遊(method)
企画進行:前村達也(21_21 DESIGN SIGHT)


■参加作家一覧

[参加作家]
荒牧 悠、大西麻貴+百田有希/o + h、大野友資、岡崎智弘+Think the Earth、岡田憲一、奥田透也、華雪、椛田ちひろ、桐山製作所、熊野 亘、佐野文彦+無印良品、造本見本帳(太田泰友+加藤亮介)、ブライアン・ナッシュ・ジル(Bryan Nash Gill)、ヘルムート・スミッツ(Helmut Smits)、大日本タイポ組合、野老朝雄、冨井大裕、西本良太、Noritake、マーテン・バース、パーフェクトロン、深津貴之、ヨシタケシンスケ、吉行良平と仕事

[特別参加]
葛西 薫、木内 昇、クライン ダイサム アーキテクツ、作原文子、高山なおみ、皆川 明、ジャスパー・モリソン、柳本浩市



 21_21 DESIGN SIGHT企画展
「単位展 – あれくらい それくらい どれくらい?」

会期:2015年2月20日(金)〜2015年5月31日(日)
休館:火曜日(5月5日は開館)
時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
   *4月25日(土)は六本木アートナイト開催に合わせ、
     通常20:00閉館のところを特別に24:00まで開館延長します(最終入場は23:30)

料金:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT
   東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
URL:http://www.2121designsight.jp/program/measuring/




21_21 DESIGN SIGHT ウェブサイト:
http://www.2121designsight.jp/



■展示内容紹介


「1 Meter Party」ヘルムート・スミッツ
子どもが1mになったことを祝うパーティーの写真作品。

exhibits_1MeterParty
Photo: Lotte Stekelenburg


「メートル原器(レプリカ)」(東京都計量検定所 所蔵)
1875年に締結されたメートル条約に基づき制作された、かつての1mの国家標準。

exhibits_ThePrototypeMeter


「時間の比較:1/1000秒の世界、フォトフィニッシュ」(セイコーホールディングス提供)
人が時という概念をこれまでどのように視覚化してきたか、様々な計測道具を展示し、時間の捉え方を紹介。企業の優れた計測技術に着目する。

exhibits_CTPhotofinish


「時間の比較:awaglass」寺山紀彦(studio note)
人が時という概念をこれまでどのように視覚化してきたか、様々な計測道具を展示し、時間の捉え方を紹介。泡で時を計る泡時計を展示。

exhibits_CTawaglass


「容積の比較:化学ガラスの集合体」桐山製作所
1Lの容量のカタチを化学ガラスの多様性とともに比較展示。

exhibits_CVAnensembleooglasschemicalcontainers


「速さの比較」展覧会企画チーム
速度の実態を映像で表現。

exhibits_ComparingSpeed
Image: 菅 俊一


「規格アソビ」西本良太
角材、タイル、水道管パイプなど規格製品の単位とその周辺のものづくり。

exhibits_PlayingwithStandard
Photo: 西本良太「角材の箱」


「単位の体験」展覧会企画チーム
幅、重さ、ちょうどいい高さなど、基本的な単位を体感できるさまざまなものを展示。

exhibits_ExperiencingUnits
Photo: 吉行良平(吉行良平と仕事)「your level stool」


「1-100の長さ」展覧会企画チーム
身の回りにある1〜100cmのものを探して、背の順に並べて展示。足りないcmは21_21ウェブサイトにて募集予定。

exhibits_Lengthof1to100
Photo: 寺山紀彦(studio note)


「ことば の おもみ」岡本 健+大野友資
ひらがな1文字ずつの言葉の重さを天秤で比べる作品。

exhibits_theWeightofWords


「単位の応用とデザイン:AAスツール」トラフ建築設計事務所
26x90mmのデッキ材だけでできたシンプルなスツール。重ね合わせて一体になっているスツールは2つに分けられ、来客があったときや、小さなスペースでは単体としても使える。

exhibits_AAstool
Photo: 吉次史成

*展示作品イメージは実際の作品と異なる場合があります



■関連プログラム


オープニングイベント「あれくらい それくらい どれくらい?」
日時:2015年2月28日(土) 14:00〜16:00
出演:中村至男、鈴野浩一、稲本喜則、岡本 健、菅 俊一、寺山紀彦、星田直彦、前村達也

ワークショップ「モノの解体から誕生まで」
日時:2015年4月4日(土) 14:00〜16:00
出演:山田 遊、株式会社ナカダイ

六本木アートナイト特別企画「みんなで測る、単位展計測ツアー」
日時:2015年4月25日(土) 15:00〜17:00
出演:展覧会企画チーム
※同日20:00〜22:00 夜間イベントを開催予定

イベント「1 Meter Party」
日時:2015年5月5日(火) 13:00〜16:00
出演:ヘルムート・スミッツ

トーク「1秒の世界」
日時:2015年5月9日(土) 14:00〜16:00
出演:岡崎智弘+上田壮一(Think the Earth)

・上記プログラムは、特に記載のない限り参加費無料です。(要当日の入場券)
・この他にも会期中はさまざまなプログラムを開催します。
 参加方法・詳細は決定次第21_21 DESIGN SIGHTウェブサイトにてお知らせします。




身近でありながら、普段あまり意識する機会のない「単位」について、
楽しみながらさまざまな再発見ができそうな展覧会です。
また、会期中は会場1Fにて、バイヤーの山田遊さん(method)の監修の元、
単位展ショップ(※入場無料)が展開されます。
“単位”にちなんだ様々なグッズ販売もありますので、ぜひ気軽に立ち寄ってみては。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』