lien_without_ceremony

代官山の2つのギャラリーで、気鋭のぬいぐるみ作家LIENの作品展が同時期開催


ハイファッションの気品とダークな妙味がミックスされたぬいぐるみを作り出すLIENさんの約2年ぶりの個展が
代官山のGALLERY SPEAK FOR にて開催されます。
また、AquviiではLIENさんと髑髏作家丸岡和吾さんがひとつの作品を作り上げるコラボレーション作品展も開催されます。



​(以下、GALLERY SPEAK FOR ウェブサイトより)

目鼻や髪、頭部や手足など、ぬいぐるみの典型からいったん遊離し、自由な発想で幻想的なクリーチャーを創り出してきたのが、LIEN氏です。素材を柔軟に解釈して取り入れる造形作法は、独学で得たスタッフィング技術によるもの。アパレルデザインや絵画の素養も援用する表現活動の領域で、ぬいぐるみを狭義の玩具ではなく、一体ずつの洗練されたアートとして世に送り出してきました。

生地・素材の風合いの魅力に、ディテールへの緻密なこだわりが組み合わされることで、ハイファッションの気品とダークな妙味もミックス。可愛らしさの概念に新しいパースペクティブを与え、仮想の生き物たち個々の身体性や物語が、受け手のイマジネーションを媒介に現実世界へと容易に適応されるのです。その”リアルに手にできるファンタジー”の虜になるファンは各界に広がりつつあり、企業やブランド、写真家やタレントたちなどとのコラボレーションも数多く手がけてきました。

本展は、LIEN氏にとって2年ぶりの本格的な個展。「ぬいぐるみ制作は自分にとって、人生における困惑や日常のわだかまりを昇華する表現手段であり、セレモニーにも似た行為」とLIEN氏は語ります。自分が可愛い、美しいと思うものを見たい、身につけたいという「遠慮のない欲求」を思い重ねたタイトルには、創作の核心をこの機会に披露する意欲が込められています。3Dフレームに入れた新作ぬいぐるみやハンティングトロフィーの他、イヤーマフ、ショール、ヘッドピースなど、よりファッションへとアプローチした新形態の作品も展示・販売いたします。


LIEN(りえん)
ぬいぐるみ・造形作家

2004年より創作活動を開始。国内外のギャラリーで展示販売を行うほか、玩具メーカーや各種メディアとのコラボレーションによるグッズの企画・デザインを手がける。ファッション/アート関連イベント、期間限定ショップのプロデュースや、書籍・webマガジンのディレクションも多数。’11年よりテディベア教室も運営中。近年の個展に「stuffed words -ことばの剥製-」(’12年、浅草橋・パラボリカビス)など。自著作品集に「Seabed tuberose」(ペヨトル工房)がある。’14年発売の能年玲奈フォトブック「ぐりぐりぐるみ」にて、ぬいぐるみ制作を担当した。
http://www.lien-blanc.com/



LIEN「without ceremony」

会期:2014年11月7日(金)~11月19日(水) ※木曜日はお休み
時間:11:00~19:00
会場:GALLERY SPEAK FOR
   東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR 2F
 
ギャラリートーク
日時  :2014年11月7日(金) 18:30~19:00 ※入場無料
作品解説:LIEN 聞き手:ミルキィ・イソベ(装丁家)
 


GALLERY SPEAK FOR ウェブサイト
http://www.galleryspeakfor.com/




【Aquvii代官山にて、同時期開催】

lien_maruoka_insideoutside

(以下、Aquvii ウェブサイトより)

数年前から温めていた二人展を
このたび代官山Aquviiで開催させて頂く運びとなりました。
丸岡和吾氏の作る陶器の髑髏をLIENが縫いぐるみで覆い、
猫など小動物の頭部を象ったコラボレーション作品を初めて発表いたします。
器としての機能もある丸岡作品を布で覆うことで、
同時に縫いぐるみにも”入れ物”としての役割が生まれています。
※中身の髑髏は取り出すことができます。(LIEN)

LIENさんとのコラボのために初めて動物の陶器の髑髏を作りました。とても可愛い作品ができました。(丸岡和吾)

その他、丸岡さんによる猫のドローイング
(逆さにすると髑髏に見える騙し絵)や、
その絵を使ったアニメーション
「劇団イヌカレーの泥犬さん」の上映。
LIENさんによる縫いぐるみバック、オブジェも発表します。
バッチやTシャツなども販売予定です。


丸岡和吾(まるおか かずみち)
髑髏作家

1978年広島県生まれ。東京を拠点に活動する。
髑髏や骨をモチーフにした陶器、ドローイングやインスタレーションなど、死をテーマに様々な表現を展開する。2012年に初個展「CHAREKOBE」を茶室SHUHALLYで開催。数々のアーティストやアパレルブランドとコラボレーションを行う。多くのグループ展に参加。



LIEN×KAZUMICHI MARUOKA EXHIBITION「INSIDE OUTSIDE」

会期:2014年11月14日(金)~11月16日(日)
時間:12:00~20:00 
会場:OfTEN Gallery(Aquvii 2F)
   東京都渋谷区代官山町2-5

オープニングレセプション
日時:2014年11月14日(金) 17:00~20:00



Aquvii ウェブサイト
http://www.aquvii.com/top.html/

LIENウェブサイト
http://www.lien-blanc.com

丸岡和吾 ウェブサイト
http://www.kazumichimaruoka.com/




代官山にある2つのギャラリーにて同時期に開催される展示で、アーティストの違う表情を覗いてみてはいかがでしょうか。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』