Eureka_07_top

何もない道でつまずいたり、消したはずの電気がついていたり、
開けたばかりのお菓子がいつの間にかなくなっていたり・・・。

何かに見られているような感覚やおかしな記憶。
それはきっと不思議な生物の仕業だと思うのです。

そんな、わたしが見つけた未確認生物たちを紹介していきたいと思います。

 

 

Eureka_07_01
 
「ストー」
 
・サイズ・・・ごま塩1粒
・重さ・・・おなら1回分
 
青い顔のようにみえる部分は冷たく、赤い部分は熱を持っている。
毛並みが良く触りたくなってしまうが、手を触れると火傷をする。
足をバタつかせた時(あげた時)が1番温度が高い。

 

 

Eureka_07_02
 
「ふくべぇ」
 
・サイズ・・・70㎝以上
・重さ・・・3,9g
 
体毛が鉛筆の芯のように尖っており、触れると痛いので
周りに迷惑を掛ける事がある。見た目はトゲトゲだが腰が低い性格で、
触れるたびに謝ってばかりなので体が曲がっている。
 

 

Eureka_07_03
 
「うしく」
 
・サイズ・・・お米3粒
・重さ・・・眼鏡のレンズ1個分
 
つるんとしたフォルムで寒くなるとよく現れ、水場の付近で生息し
ほとんど寝ていることが多い。最近は集団で行動していることも多く
足音や物音がすると起き上がり、人を転ばせたりする。

 

 

Eureka_07_04
 
「でん」
 
・サイズ・・・B3の用紙1枚
・重さ・・・19,6g
 
朝方や夕方など人が動く時間帯に忙しそうな人達をのんびり見つめている。
疲れている人や仕事が憂鬱に感じる時に現れる事が多く、
ふと目が合うと忙しい毎日がバカらしくなり反対方向の列車に乗りたくなる。

 

 

Eureka_07_05
 
「コロリン」
 
・サイズ・・・ダンゴムシと同じ
・重さ・・・弱めのパンチ2、3回分
 
丸まってノロノロ動き、人肌より少し高い温度を好む。
夕方から夜にかけて現れ、寝る前に横になると足の上を
登ったり降りたりしている。触れられるとムズムズして眠れなくなる。

 

 

 

くらもちあすか / Asuka Kuramochi
 
茨城県出身。日常に溢れるモチーフを中心に、
擬音語/擬態語を用いて抽象的に描写します。

 

Web site
http://asukakuramochi.com

twitter
https://twitter.com/KURAM0CHI

Instagram
http://instagram.com/kuramochiasuka

 

Eureka_07_S
 
Main visual design:こぐれ そう(ousia

© Asuka Kuramochi


ART&MOREに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
著作物のご使用については、こちらにご連絡ください。当サイトへのリンクはフリーです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』