shikousai_img

紙工祭 しこうさい
工場でいっしょに楽しむ紙まつり。


福永紙工 本社工場(東京都立川市)にて開催されます。


(以下、福永紙工 紙工祭 ウェブサイトより)

立川で紙の加工と印刷を50年以上続ける福永紙工。
紙工祭は、その工場を地域の人や興味のある人に開放して、いっしょに楽しむはじめてのお祭り。
工場見学をはじめ、関係者によるトーク、紙を楽しむワークショップ、
工場でつくった製品の販売、デザイナーによる紙屋台など、もりだくさんの内容の2日間です。



紙工祭 しこうさい

会期:2014年10月18日(土)19日(日)
時間:10:00〜17:00
料金:無料
会場:福永紙工 本社工場 東京都立川市錦町6-10-4
主催:紙交際実行委員会
企画:萩原 修
グラフィックデザイン:三星安澄
会場デザイン:switch design


大きな地図で見る


工場見学やワークショップ、トークイベントなど様々なイベントが開催


1、はじめての工場見学
紙に印刷し、紙を加工する。
知ってそうで知らない工場の現場を、見て、感じて、話を聞く時間。
完全予約制で実施します。
1回目 12:00~12:45
2回目 14:00~14:45
定員:各回20名
参加費:500円(紙のお土産付き)
※両日共に定員に達しました為、募集を閉め切らせて頂きます。ご応募ありがとうございました。


2、紙の裏側トーク
「紙を加工する」ことで何が生まれるのか。
デザインして、製作して、販売するプロセスで発生する様々な事件を関係者が証言します。
●18日(土)
トーク 1「製造とデザインディレクション」
宮田 泰地(福永紙工)×三星 安澄×switch design
●19日(日)
トーク 2「販売とブランディング」
山田 祥子(福永紙工)×寺田 尚樹×萩原 修
開催時間:15:30~16:15
定員各回:20名
参加費:無料
※両日共に定員に達しました為、募集を閉め切らせて頂きます。ご応募ありがとうございました。


3、ペラペラワークショップ
紙と工場を楽しむ体験。
紙に囲まれてみたり、ペーパーゲームを楽しんだり、
紙の工作員になってみたり、工場のあちこちで、紙を使って楽しめます。
誰でもその場で参加可能。
申込不要。
●空気の器がその場で抜けるワークショップ
●テラダモケイで1/100の世界をつくるワークショップ
●gu-paに紙のコラージュ
●トータスゲーム大会
●センコウハナビシ色塗り体験


4、工場軒先直売所
工場でつくった紙製品をその場で直売。
もしかしたら、ここでしか買えないバージョンや試作品、半製品を手に入れることができるかも。
かみの工作所 テラダモケイ MABATAKI NOTE  gu-paほか

オリジナル鍵付きギフトボックスその場で抜き渡し&受注相談会も同時開催。


5、いろいろ紙屋台
工場に出入りする様々なデザイナーが特別出展。
屋台には、工場つながりのおいしい紙が勢ぞろい。
早いもの勝ち。売り切れごめん。
18日(土)
●カイチデザイン+花の停留所
●西荻紙店
●つくし文具店
●circle[gallery & books]
●珈琲 十(こーひー とお)

19日(日)
●15.0%(タカタレムノス+テラダデザイン)
●Caro&LUFTKATZE
●ヤマコヤ やまさき薫
●オリオンパピルス
●Afterhours


6、同日開催、立川子ども未来センターでのワークショップ
「立川文化芸術のまちづくり協議会ワークショップ×ワークショップ」に
「空気の器」「テラダモケイ」のワークショップが出展いたします。 


福永紙工 紙工祭 ウェブサイト
http://fukunaga-print.co.jp/event/shikousai2014/



中央線沿線の多摩地域から紙モノやデザインを発信する、福永紙工。
他にはない独特の工夫や加工のアイディアがつめこまれた紙モノが
どのように作られているのか体験できる貴重な機会となりそうです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』