Daehyun-Kim_top

[ INSPIRATION ] ART   2014.10.10

Daehyun Kim_01

Daehyun Kim_02

Daehyun Kim_03

Daehyun Kim_04

Daehyun Kim_05

Daehyun Kim_06

Daehyun Kim_07

Daehyun Kim_08

© Daehyun Kim



1980年に韓国に生まれ現在もソウルで活動を続けるDaehyun Kimさん。

大学で伝統的東アジアの美術を勉強したのをきっかけに
なぜ生涯「Moonassi series」を描き続けると決心したかは定かではありません。

Moonassiは彼が昔使っていたアーティスト名で、
「私というものは存在しない」、「自分の中の空洞」という意味を持ちます。

仏像を思わせる顔の絵のひとつひとつにストーリーはなく、全ての絵が一連のストーリーをなしているのだそう。

2010年にソウルで個展を開いた後、2014年にはソウルとニューヨークでグループ展に参加し
The New York Timesやフランス人ミュージシャンHNNのアルバムカバーへのイラスト提供など
多方面で活躍しています。

コピーされた自分に囲まれながら、じっと見つめているのは何なのでしょうか。
日常の流れを止めてくれる絵から冷ややかでも絶え間ない愛着のようなものを感じます。


Daehyun Kimウェブサイト
http://www.moonassi.com/


*

Daehyun Kim was born in Seoul in 1980, now live and work in Seoul.

Nobody knows why after studying the traditional East Asian painting in university, he has decided that drawing Moonassi series would be his life-time project.

Moonassi is his old artist name which means “I do not exist,” and “a hollow inside myself.”

There is no specific story about the each drawing that resembles Buddha. Each drawing is a part of a whole story of the series in the end.

After holding solo exhibition in Seoul in 2010, he has participated in group exhibitions in Seoul and NYC in 2014.

He contributes his illustrations to the New York Times and a cover artwork for a French musician, HNN’s new album.

What is he searching for, surrounded by the copied versions of himself.
From his paintings that pause the daily motions, I feel cold but unceasing sense of attachment.


Daehyun Kim website
http://www.moonassi.com/




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』