buggy

一風変わったセレブの肖像画を描くbuggy、個展で新作を発表


buggyさんの個展が代官山のGALLERY SPEAK FORにて開催されます。


​(以下、GALLERY SPEAK FOR ウェブサイトより)

スーパーモデルやファッションデザイナー、セレブリティたちの迫力ある肖像画を描き続けているのが、buggy氏です。ファッション誌の1ページ、映画のワンシーンやパパラッチが撮ったプライベートショットなどをベースにして、おもに60~90年代のヴァニティな社交界と名場面、それらが彩った時代の伝説を、ドライブ感のある筆致で次々と絵画にしてきました。セレブたちが鼻から血を流したように描かれるなど、コラージュや描き加えの技法でグラフィティカルチャー以後のマナーを受け継ぐ一方、buggy氏からモチーフへの深いリスペクトと愛情を込めています。

憎めない可愛らしさを帯びたグラフィカルな絵の数々は、女性ファッション誌などでも人気を得ています。しかし、イラストレーションとして消費されるだけではありません。著名ブランドや広告、商業ビル、ショップなどとのコラボレーションが増える中でも、絵画の作法としてアンダーグラウンドな攻撃性は常にキープしており、サブカルチャーが活き活きとしていた時代を地層として成り立つ今、パブリックアイコンとそこに込められた深い含意に照射されることの面白さを教え、新しいビジョンを示唆しているのです。

本展は、東京での1年ぶりの個展。数多くのコミッションワークからいったん離れ「自分の脳内意識、今の感覚を見せたい」という彼が、新作・近作にフォーカスする構成となります。アクリル画やシルクスクリーンによる作品など、描き下ろしを含めた大小約30点の作品を展示・販売いたします。また、TシャツやiPhoneケースなどの関連商品も合わせて販売いたします。buggy氏の絵画観の最新形をお楽しみいただける好機となるでしょう。


buggy(バギー)
アーティスト / イラストレーター
本名・谷口竜也。デザイン事務所勤務を経て、2002年よりbuggy名義で創作活動を開始。大阪 DMO ARTS(’12, ’13)での個展を含め、国内外のグループ展にも精力的に参加。「Numero TOKYO」「VOGUE JAPAN」などのファッション雑誌やCDジャケット、マーク バイ マーク ジェイコブスなどアパレルブランドとのコラボレーションを手がけるなど幅広く活躍中。’13年末にオープンした大阪市のホテル「rock star hotel」の館内絵画・広報ビジュアルでも注目を集めた。最近の個展に「VELVET CODE」(’13年、GALLERY SPEAK FOR)がある。




buggy「surface of my brain」

会期:2014年9月26日(金)~10月8日(水) ※木曜日休み
時間:11:00~19:00 *最終日のみ18:00まで
会場:GALLERY SPEAK FOR
東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR 2F

ギャラリートーク
会期:2014年9月26日(金)
時間:18:30~19:00


buggyウェブサイト
http://www.buggylabo.com/

GALLERY SPEAK FOR ウェブサイト
http://www.galleryspeakfor.com/



彼の絵はショッキングで、ポップでありながらとても繊細です。
ファッション性溢れる作品の影を読み取ってみてはいかがでしょうか。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』