hon_kotoba_design

ことばを血肉化する。


東京ミッドタウン・デザインハブにて、第47回企画展「本・ことば・デザイン」展が開催されます。


(以下、東京ミッドタウン・デザインハブ ウェブサイトより)
東京ミッドタウン・デザインハブでは、
東京ミッドタウン・デザインハブ第47回企画展「本・ことば・デザイン」展を8月29日(金)から開催します。
この企画展は、著名なブックディレクターである幅允孝氏を総合ディレクターに迎え、
「本とそこに記されたことばを読み取り、いかに豊かに伝えられるか」をテーマに構成されています。

文筆や建築、デザインなどの各界で活躍する第一人者により選ばれた「デザイン」を感じる本と、
その本の中でもっとも印象に残るテキスト、それら本来は目に見えない言葉というものを展示会場で視覚化し、
感じてもらいます。
また、選ばれた本は、展示会場内で来場者が実際に手に取って読むことができます。
本そのものに加えて、本の中のことばが空間性を伴ったデザインによって表現されることで、
人々により豊かにことばのもつ力が届けられるとともに、
デザインの力を実感していただける場となることをめざしています。



東京ミッドタウン・デザインハブ第47回企画展「本・ことば・デザイン」展

会期:2014年8月29日(金)~9月28日(日)
時間:11時~19時 (土曜日は18時まで) ※会期中無休
会場:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
料金:入場無料

主催・企画・運営:東京ミッドタウン・デザインハブ(構成団体:公益社団法人日本デザイン振興会、
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ)
協力:王子エフテックス株式会社、株式会社脇プロセス

総合ディレクション:幅 允孝(BACH)
会場デザイン:中村竜治(中村竜治建築設計事務所)
アートディレクション:尾原史和(スープ・デザイン)

選者
伊東豊雄(建築家)、葛西 薫(アートディレクター)、柴田元幸(翻訳家)、服部一成(グラフィックデザイナー)、
幅 允孝(ブックディレクター)、平松洋子(エッセイスト)、福田里香(お菓子研究家)、
穂村 弘(歌人)、森永邦彦(デザイナー)、渡邉良重(グラフィックデザイナー)
(敬称略/氏名50音順)


大きな地図で見る


東京ミッドタウン・デザインハブ第47回企画展
「本・ことば・デザイン」展 ウエブサイト:
http://designhub.jp/exhibitions/1219/




(BACH 幅允孝さんからのコメント)
本展では各界で活躍する10人の選者に、「デザインを感じる本」と、
その本の中で最も印象的な言葉を選んでもらいました。
また、そのように抽出された言葉たちは、
建築家の中村竜治とスープ・デザインの尾原和史によってつくられた空間に
とてもいい緊張感をまといながら展示されています。
もしお時間が許せば、足をお運びいただき
未知なる本やテキストとの遭遇をたのしんでいただければ嬉しいです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』