wonderfulworld_001

親子で楽しめる美術展が、東京都現代美術館で開催


作品の中に入り込んだり、記念撮影をしたり。
おとなもこどもも一緒に楽しめる美術展が、東京都現代美術館で開催中です。


(以下、東京都現代美術館 ウェブサイトより)

お子さんといっしょにお話ししながら作品を見てみませんか?
あたらしいことを見つけるおもしろさ、なぜと感じる心、発見を誰かと分かち合う喜び。
新鮮な心を持つこどもたちには「ワクワクする心の揺れ動き」をたくさん経験してほしい。

「ワンダフル ワールド」は赤ちゃんから大人まで一緒に楽しめる展覧会です。
こどもたちの身近にあって、興味の対象であるモチーフ―フルーツ、電車、鏡、動物、ブロックなど―を
アート作品にした5人のアーティストによる空間全体を作り出すような体感型・参加型作品を展示します。

赤ちゃんや小さなこどもを持つ親にとって、こどもと一緒に美術館に行くのが難しいと感じたり、
そもそもこどもに美術がわかるのだろうかという疑問を感じたりするかもしれません。
この展覧会では、小さなこどもの視覚世界を表現した作品や、
作品に触れて遊び体験的に美術を鑑賞する作品が展示されます。
こどもの興味や理解に寄り添った作品を展示することで、小さなこどもが楽しめる展覧会を目指します。

美術館という非日常の世界で出会う作品たちを見て思ったことを語らうことで、
いつもは気がつかない感覚や気持ちに出会って欲しいと思います。
それは自分自身の新たな姿を見つけることであり、そして隣にいるこどもたちと経験を共有することで
お互いの世界を発見することにつながっていくことでしょう。
視点を変えることで見えてくる世界、それはすばらしい世界”ワンダフル ワールド”なのかもしれません。
絵本を読むように、こどもが興味を示したものに寄り添いながら、自由に語らい作品を見てみませんか。
ひとりで見るよりみんなで見て気づくことがあるかもしれません。

みて・はなす、そして発見!の美術展です。


wonderfulworld_002
金澤麻由子≪Polyphonic jump!≫ 2011年 ヤマザキマザック美術館での展示風景


wonderfulworld_003
クワクボリョウタ≪10番目の感傷(点・線・面)≫ 2010年
写真提供:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]撮影:木奥惠三



wonderfulworld_004
橋本トモコ≪ひらめきは舞い降りる≫ 2003年


wonderfulworld_005
船井美佐≪楽園/境界≫ 2014年 撮影:木奥惠三


wonderfulworld_006
武藤亜希子≪思い出の庭 T+S+U+M+A+R+I≫ 2012年 大地の芸術祭越後妻有トリエンナーレでの展示風景



ワンダフル ワールド

会 期:2014年7月12日(土)〜8月31日(日)
時 間:10:00〜18:00(会期中の金曜日は21:00まで)*入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(7/21は開館)、7/22
会 場:東京都現代美術館 企画展示室3F
    東京都江東区三好4-1-1
観覧料:一般1,000円(800円)/大学生・専門学校生・65歳以上800円(640円)/中高生500円(400円)
    小学生以下無料(保護者の同伴が必要です)
    同時開催の「ミッション [宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」展との2展セット券
    一般1,600円、大学生・65歳以上1,300円、中高生900円
    *( )内は20名以上の団体料金
    *身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、
     その付き添いの方(2名まで)は無料です。
    *毎月第3水曜日は65歳以上の方は年齢を証明できるものを提示していただくと無料になります。
    *本展チケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。
出品作家:金澤麻由子/ クワクボリョウタ/ 橋本トモコ/ 船井美佐/ 武藤亜希子
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館





【関連イベント】
アーティスト・トーク
7月27日(日) 14:00〜 金澤麻由子、橋本トモコ、武藤亜希子
8月3日(日)  14:00〜 クワクボリョウタ、船井美佐
会場:東京都現代美術館 地下2階講堂 先着200名 
参加無料(本展チケットのご提示が必要です)

ほか多数関連イベント開催(詳細はこちらをご覧ください)


【同時開催】
「ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」
会期:2014年6月7日(土)〜8月31日(日)

MOTコレクション「クロニクル1995-」
会期:2014年6月7日(土)〜8月31日(日)


東京都現代美術館 ウェブサイト
http://www.mot-art-museum.jp/



さあ、これから夏休みですね。「今年の夏は、美術館に行こう!」
なんて声をかけたら、こどもはビックリ!ワクワク♪
家族で美術館にお出かけしてみませんか?




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』