gaudinoue

日西を代表する二人のアーティストによる時空を超えたコラボレーション


スペインを代表する建築家、アントニ・ガウディと日本を代表する漫画家、井上雄彦。
それぞれが唯一無二の魅力を放つ、二人のアーティストが奏でる夢のコラボレーションが実現。



(以下、展覧会 公式ウェブサイトより)

このたび、「2013‐2014日本スペイン交流400周年」を記念する特別文化事業として
「特別展 ガウディ×井上雄彦 ‐シンクロする創造の源泉‐」を開催する運びとなりました。

19世紀〜20世紀にかけて、地中海沿いの美しい街バルセロナを中心に活動したアントニ・ガウディは、
1882年の着工以来今もなお造り続けられているサグラダ・ファミリアをはじめ、
グエル公園、カサ・ミラ、カサ・バトリョなど、
ユネスコ世界遺産にも登録される数々の独創的な作品を遺しました。
動きのある曲線、あふれる色彩、大胆かつ画期的、といった言葉で形容されることの多いガウディの建築は、
ほかのどの様式にも完全に属することのない唯一無二の存在として知られ、世界中の人々を魅了してやみません。

一方、井上雄彦は、日本にバスケット・ブームの火をつけ、国内発行部数が1億部を超える『SLAM DUNK』をはじめ、
『バガボンド』『リアル』など国民的な人気漫画作品を描くことにとどまらず、
近年は「井上雄彦 最後のマンガ展」等の個展や京都・東本願寺に描いた親鸞の屏風絵など、
漫画家の枠のみにおさまらない活動もおこなっています。
その人気は海外でも高く、昨年12月には「日本スペイン交流400周年」の親善大使に任命されるにいたりました。

本展覧会は、カタルーニャ工科大学の監修のもと、
ガウディ記念講座やサグラダ・ファミリア等バルセロナの各関係機関より出品されるガウディ自筆のスケッチや図面、
大型の建築模型やガウディがデザインした家具など貴重な資料約100件を通して巨匠ガウディの偉業を紹介するとともに、
井上雄彦がその独特な感性と鋭い表現力により、ガウディの人間像とその物語を描きます。
今回、井上雄彦は本展のために大型作品を含む約40点を描き下ろしていきます。
さらに、3面スクリーンによる映像シアターや、井上雄彦の画が動き出すプロジェクション・マッピングなどの展示演出も試みます。

建築家・ガウディと漫画家・井上雄彦-
異なるジャンルで日西を代表する二人のアーティストによる時空を超えたコラボレーション。
ふたつの側面から、ガウディのインスピレーション、そして創造の種を探ることで起こる化学反応にぜひご期待ください。


gaudinoue_01
≪サグラダ・ファミリア聖堂模型≫ 制作:サグラダ・ファミリア聖堂模型室
©Junta Constructora del Templo de la Sagrada. All rights reserved.



gaudinoue_04
アントニ・ガウディ ≪大学講堂:横断面≫ 1877年10月22日
©Càtedra Gaudí



gaudinoue_05
ジュアン・マタマラ ≪サグラダ・ファミリア聖堂内観≫ 1949年
©Càtedra Gaudí



gaudinoue_06
カザス・イ・バルデス工房(アントニ・ガウディのデザインによる) ≪カルベー氏執務室肘掛椅子≫ 1899年 
©Gasull Fotografia



gaudinoue_02
井上雄彦 ≪トネット≫ 2013年 
©I.T.Planning




gaudinoue_03
「ガウディ×井上雄彦 オリジナル越前和紙ブックカバー」


© gaudinoue 2014-15



特別展 ガウディ×井上雄彦 ‐シンクロする創造の源泉‐

Takehiko Inoue interprets Gaudi’s Universe

会期:2014年7月12日(土)〜9月7日(日) ※会期中無休
時間:10:00~20:00(最終入場19:30)
会場:森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ 森タワー 52F)
   東京都港区六本木6-10-1
料金:一般・大学生:¥1,600(当日¥1,800)
   中学・高校生:¥1,100(当日¥1,300)
   4歳〜小学生:¥600(当日¥800)
   ※3歳以下は入館無料




【夏休みキッズワークショップ】
英語でチャレンジ 「だれでもガウディ!みんなでガウディ!」
“Gaudi” kids’ group art for everybody!

日時:8月11日(月) 11:00~/14:00~(各回90分程度)
会場:六本木ヒルズ ウェストウォーク2F 南側吹抜
料金:子ども1名キッズワークショップ参加料 3000円(税込)
   (一般券1枚+4歳~小学生1枚の展覧会チケット付き)

【巡回情報】
・金沢
  金沢21世紀美術館
  2014年10月4日(土)〜11月5日(水)
・長崎
  長崎県美術館
  2014年12月20日(土)〜2015年3月8日(日)
・神戸
  兵庫県立美術館
  2015年3月21日(土)〜5月24日(日)
・仙台
  せんだいメディアテーク
  2015年6月3日(水)〜7月12日(日)


公式ウェブサイト
http://www.gaudinoue.com/



今回、井上雄彦が出品する作品約40点は、本展覧会のために描き下ろされたものばかり。
井上雄彦の独自の視点と解釈によって創りだされた作品群を通して、ガウディの偉業に魅了されてみては。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』