carolinloebbert_lost_001

ドイツを拠点に活動するアーティストCarolin Loebbertの個展が開催


国内外クリエイターとの商品開発、事業開発を行うGas As Interface Co.,Ltd.(ガスアズインターフェイス株式会社)が
西麻布にて運営するCALM & PUNK GALLERY(カーム アンド パンク ギャラリー)。

この度、CALM & PUNK GALLERYが、ドイツで活躍中のアーティストCarolin Loebbert(カロリン・ロバート)の展示を開催します。



(以下、CALM & PUNK GALLERYウェブサイトより)

2012年に行った日本初の個展 “Time Travel”では、古い陶器に過去の偉人や現代的なモチーフを交えた、
時間を旅する作品を紹介しましたが、今回はそれに次ぐ様々なシーンが盛り込まれています。
彼女は「環境」という言葉をキーポイントに、過去・現在・未来という時間軸を辿ります。
生まれ育ったドイツの自然や都会など様々な環境の中に吸い込まれ、溶けこんでゆく瞬間、
”LOST”を、現代的な人間をモチーフに、よりリアリスティックに表現しています。

これまで、ポップでキュートながらも、どこか毒々しいイラストを手掛けてきた彼女が、
環境の中に消え行く人間の真の姿を、今までにない表現の仕方で展開します。本展では、
このLOSTシリーズ以外にも、枯れ行く生き物と物体を、花と花瓶で表現した立体作品と映像作品が展示される予定です。


carolinloebbert_lost_002



Carolin Loebbert / カロリン・ロバート
1981年ドイツウエストファーレンのハルターン生まれ。
2002年にハンブルグ応用科学大学にてイラストレーションとコミュニケーションデザインを学び、2003年よりベルリン、ストラスバーグ、東京など世界各国でグループ展に参加。2004年よりフリーランスのイラストレーター、そしてグラフィックデザイナーとして活動し始め、すぐに様々な雑誌や選集で才能を発揮。
2012年の母の日に、三越伊勢丹のキャンペーンのメインアイコンに作品が起用され、三越伊勢丹・新宿店のウインドウ一面に大きく取り上げられる。同年に行われた日本初個展「Time Travel」ではビンテージの陶器に手描きのイラストを散りばめた作品が話題を呼び、IDEEやLOFT等で展開される。
彼女の独特な色使いと世界観は見る者を一目で虜にさせる魅力を持っている。



CALM & PUNK GALLERYについて
カームアンドパンクギャラリーは、国内外のアーティストを独自の視座で発掘し、
紹介する空間として2006年12月に西麻布にオープンしたアートギャラリーです。
グラフィック・写真・ファッション・映像・コンテンポラリーダンスなど、
幅広い種類の表現のかたちを紹介し展覧会を行なうほか、子供から大人まで参加できる
様々なアートのワークショップを開催しています。




Carolin Loebbert Exhibition 「LOST」

会期:2014年8月9日(土)~8月28日(木)
時間:12:00~19:00
会場:CALM & PUNK GALLERY
   東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F




オープニングレセプション:2014年8月8日(金) 19:00~22:00 *入場無料


Carolin Loebbert ウェブサイト
http://www.carolinloebbert.de/

CALM & PUNK GALLERY ウェブサイト
http://gasbook.net/in/?page_id=2757



日本では伊勢丹、IDEEやLOFTなどからも注目されているカロリン・ロバートさん。
2年前日本で展示した時とはまた違った作品たちをどうぞご覧下さい。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』