Bratislava

世界を旅する絵本の原画展がやってきた!


平塚市美術館にて、「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 ―絵本をめぐる世界の旅―」が開催中。
日本からは「きくちちき」さん、「はいじまのぶひこ」さんが、
準グランプリにあたる”金のりんご賞”を受賞する快挙があり、注目を集めています。



(以下、平塚市美術館 ウェブサイトより)

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2 年ごとに開催される「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」( 略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava) は、隣国のチェコ共和国と合わせてひとつの国・チェコスロバキアであった1967 年、ユネスコと国際児童図書評議会の提唱により始まり、2013 年に開催された第24 回 BIB では、49か国、362 名、2,344 点におよぶ作品が出品されました。
今や世界最大規模の絵本原画コンクールとなった同展は、実際に出版された絵本の原画を審査の対象にすることを特徴にしており、芸術性が高い作品や、実験的でユニークな作品が集まることでも知られています。今回は、準グランプリに相当する「金のりんご賞」を日本人作家2 人が受賞するという快挙があり、大きな注目を集めました。

このたびの展覧会では、各国内での選考を経てノミネートされ、2013 年9 月にブラティスラヴァで行われた国際審査によって決定した、グランプリをはじめとする受賞作品および日本からの出品作品を紹介いたします。

また、特別展示として、受賞作品以外からも注目に値する秀逸な作品を多数ピックアップし、絵本をめぐる小さな世界旅行をお楽しみいただけます。



ブラティスラヴァ世界絵本原画展

会期:2014年7月19日(土)~8月31日(日)
時間:9:30-18:00 (入場は17:30まで) 月曜日休館 ※ただし、7月21日(月・祝)は開館、翌火曜日休館
会場:神奈川県平塚市西八幡1-3-3
料金:一般800(640) 円、高大生500(400) 円
       ※( ) 内は20 名以上の団体料金
       ※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
       ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
       ※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体割引
        (年齢住所を確認できるものをご呈示ください)
       ※ほかに親子割引(中学生以下の子と親)(PDFファイル48KB)やちひろ美術館、板橋区立
         美術館との 相互割引(PDFファイル96KB)があります。



大きな地図で見る


平塚市美術館 ウェブサイト:
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/2014203.htm

さまざまなワークショップやトークイベントも開催されます。
詳しくは上記のリンク先をご確認ください。



この原画展ではアート性が高く、さまざまな技法で描かれた作品が世界中から選出されています。
こどもはもちろんのこと、ふだん絵本になじみのない大人でも、絵画のひとつとして味わえる作品ばかり。
夏休みの思い出に、ぜひ家族や友人と足を運んでみてはいかがでしょうか。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』