jagda_2014_top

秀逸作品が一堂に展示、日本のグラフィックデザインの現在。


(以下、JAGDAプレスリリースより)

東京ミッドタウン・デザインハブでは、第46回企画展となる「日本のグラフィックデザイン2014」を、2014年6月20日(金)より開催いたします。
会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design In Japan』。2014年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物とモニタで展示します。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。



jagda_2014



東京ミッドタウン・デザインハブ第46回企画展「日本のグラフィックデザイン2014」

会期:2014年6月20日(金)~8月3日(日)
時間:11:00–19:00 会期中無休 ※入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ

主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会

関連イベント
JAGDA年鑑委員が聞き手となって、第一線で活躍するグラフィックデザイナーやアートディレクターらをゲストに迎えトークイベントを開催します(7〜8月の間、2回予定)。詳細が確定しだい、本ページにてご案内いたします。

年鑑『Graphic Design In Japan 2014』
編集長:服部一成
ブックデザイン:菊地敦己
編集・発行:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
発売:株式会社六耀社/2014年6月下旬
価格:16,200円(税込)


「日本のグラフィックデザイン2014」ウェブサイト
http://designhub.jp/exhibitions/1111/

JAGDA ウェブサイト
http://www.jagda.or.jp/


*
選りすぐりのグラフィック作品が多数掲載される
年鑑『Graphic Design In Japan 2014』(六耀社刊)にもご注目ください。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』