ateliermuji

ブラジル文化を象徴する空間「集い」と生活雑貨が展示中

感じよいくらしの原点を探し無印良品のいまとこれからを伝えている工房、
ATELIER MUJIにてブラジルの空間と生活雑貨の展示が開催中です。


(以下、ATELIER MUJI ウェブサイトより)

豊かな自然と多様な人種やその文化が奏でるエネルギー満ちあふれる国、ブラジル。
その多様さがゆえに広がる自由な気風。
この地に暮らす人々の織りなす風景はなぜか私たちに懐かしさや未来への希望を同時に感じさせてくれます。
多様な人種の中には日本からの移民も数多く住んでおり、
日本文化もブラジル文化の一員といって良いほどの繋がりの深さも一つの理由かも知れません。

本展では、日本を代表するクリエイターによるブラジル文化を象徴する空間
「集い」を生活雑貨と共にご紹介いたします。
ブラジルと日本、この二つの国をむすぶ、
飾らない普段着の暮らし、素顔の魅力を感じていただけたら幸いです。



素顔のブラジル展

会期:2014年6月13日(金)~9月15日(月・祝)
時間:10:00~21:00 *入場無料
会場:無印良品有楽町2F ATELIER MUJI



主催:無印良品
企画・運営:無印良品 有楽町ATELIER MUJI、生活雑貨部企画デザイン室
特別協力:Apex-Brasil[ブラジル輸出・投資振興庁]
撮影協力:FIEMG(Federação das Indústrias do Estado de Minas Gerais)[ミナス・ジェライス州工業連盟]
企画協力:中原仁
展覧会場デザイン:小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt + 安東陽子/安東陽子デザイン
グラフィックデザイン:6D 木住野彰悟
フォトグラフィック:藤岡直樹


ATELIER MUJI ウェブサイト
http://www.muji.net/lab/ateliermuji/



現在ワールドカップ開催中で注目の的となっている国ブラジル。
本展でしか見られない素顔を覗いてみてはいかがでしょうか。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』