shippomeguri

デザインスタジオMicroWorksが手がけるしっぽの傘「Tail」に新作が登場、ポップアップツアーも開催

「Tail」の傘は、ベルトの部分が動物のしっぽの形になっていて、本体をぐるりと束ねてくれます。
差して歩くと、しっぽがゆらゆら。
モモンガ、モンキー、キャットの3種類の動物に、今年は新たにツバメの「SWALLOW」が加わり、
生地の色柄も追加されました。
梅雨前から梅雨時期にかけ、全国8ヶ所で開催するポップアップツアー「しっぽ巡り」も開催されます。


(以下、MicroWorksリリースより)

○Tail新動物 SWALLOW

tail1

昨年のリニューアルに伴い3種類(MOMONGA、MONKEY、CAT)となったTailの動物に新たにSWALLOWが加わります。
ツバメは鳥の中でも尾が長く、また切れ込みの深い二股形もとても特徴的です。
入荷は5/20前後を予定しており、初回の生地色柄は現行生地の中の7種類と、新たに無地やチェックなど5種類を加えた12種類を予定しております。


○Tailのポップアップ巡業「しっぽ巡り」

tail2

Tailは新作のSWALLOWを加えると20種類もの生地バリエーションがあります。更に動物も4種類になるので、そのバリエーションは多種多彩。
また、余剰生地を使って作られているため定番の生地はありません。倉庫に生地在庫が無くなってしまったら今後その色柄でのTailの製造はできません。
そういう意味でお店などでの出会いやタイミングもTailの楽しみの一つ。そんなTailのポップアップショップを梅雨前から梅雨期間にかけて全国各地で行います。
2013年は4ヶ所でしたが、今年は新たに4ヶ所が増え、8ヶ所での開催です。

5/20 – 6/15 @senkiya(埼玉)
5/24 – 5/25 @nap village(岡山)
5/26 – 6/29 @kara-S(京都)
5/27 – 6/30 @DMOARTS(大阪)
6/8 – 7/6 @APARTMENT(新潟)
6/12 – 6/26 @Aquvii(東京)
6/19 – 7/8 @Fuligo(愛知)
6/21 – 7/13 @MissionBay(静岡)

また、上記のポップアップツアーとは別ですが、金沢21世紀美術館のミュージアムショップで開催される雨具フェアでもTailが販売されます。

5/20 – 7/13 @金沢21世紀美術館ミュージアムショップ(石川)


○Tailの生地

tail3

Tailに使われている生地は傘の製造過程で出る残布。
メーカーの倉庫を占拠していた様々な余剰生地を使うことで、逆に多彩な絵柄のTailを作ることができます。

サイズ:φ1000mm(開いた時)
材質:ポリエステル/手元・石突き・露先は木製
価格:¥4,500-(税抜)


MicroWorks ウェブサイト
http://www.microworks.jp

ShippoSTORE
https://shippo.stores.jp/




しっぽがベルトになったデザインのかわいらしさと、残布を利用した生地のバリエーションが魅力的な傘です。
ポップアップショップで実際に手で触れて選んでみては。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』