ikedaayako

いつでもすぐ近くにありうる、グロテスクで予想もつかない生々しい現実

国内外のファッション、アクセサリーブランドとのコラボレーションも多く手がけ、
アートフェアへも積極的に参加しているペインターのikedaayakoさん。

代官山のGALLERY SPEAK FORにて、
アートギャラリーでは約2年ぶりの個展を開催します。


(以下、GALLERY SPEAK FOR ウェブサイトより)

タイトルは「いつでもすぐ近くにありうる、グロテスクで予想もつかない生々しい現実」のイメージから。
「それはときに刺激的な楽しみであり、ときに不安がフィードバックし打ちひしがれることでもある」と彼女は語ります。
日常の表層に絵筆という感性のナイフを入れ、
皮を剥いた先にある甘美でオルタナティブな世界を垣間見せる場となるでしょう。
大小の原画約30点を展示・販売いたします。
また、トートバッグやTシャツ、バンダナなどのオリジナルアイテムも販売いたします。


ikeda_works_3

ikeda_works_2
© ikedaayako



ikedaayako個展「vivid reality」

会期:2014年6月6日(金)~6月18日(水) ※木曜日はお休み
時間:11:00~19:00 ※展示最終日のみ18:00まで
会場:GALLERY SPEAK FOR
   東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F


ikedaayako ウェブサイト
http://ikedaayako.jimdo.com

GALLERY SPEAK FOR ウェブサイト
http://www.galleryspeakfor.com/



ikedaayakoさんの絵から聞こえてくるのは、
肖像画の人格を離れ、ひとつの生き物となって訴えかける「感情」の声。
目には見えなくとも私達を取り巻いている「現実」は、彼女の絵の中で生き生きと姿を見せてくれます。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』