image

[ CREATORS ] NOTES   2014.5.19

「もしも、ふきだしがキャラクター性を帯びたら、どんなものになるだろう」

…という疑問から生まれたのが、このふきだしくん。



キャラクター性を持つからには何か喋ったらおもしろいだろうな…と考えているとき、
ふと「ふきだしの入れ子構造」というものが頭の中によぎりました。

ことばにすると分かりにくいのですが、
ふきだしにふきだしがくっついて、またそこにふきだしがくっつく、というような
不思議な状況が思い浮かんだのです。

まるで、ふきだしたちのブレーメンの音楽隊です。

ブレーメンの音楽隊には、ロバや犬や猫やにわとりがいますが、
ふきだしにだって、様々なバリエーションがあります。
たとえば、叫んでいるギザギザ型(ぼくたちはサクレツくんと呼んでいます)や
心の声をあらわす雲型(もわもわくん)などをはじめとして、

これらのキャラクターを使えば、同じ脚本でも、
感情や状況を様々にコントロールできてしまうのです…

文章で説明するのはこのくらいにして、さっそく「ふきだしくん」をご紹介します。


はじまりは、ふきだしくんの誕生の秘密から。



image


image


image


image


image


image


image


image


image



つづく…




二歩
西村祐貴と星功基による文字とことばのデザインユニット。
http://www.unit-niho.com



© NiHo



ART&MOREに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
著作物のご使用については、こちらにご連絡ください。当サイトへのリンクはフリーです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』