Eureka_02

何もない道でつまずいたり、消したはずの電気がついていたり、
開けたばかりのお菓子がいつの間にかなくなっていたり・・・。

何かに見られているような感覚やおかしな記憶。
それはきっと不思議な生物の仕業だと思うのです。

そんな、わたしが見つけた未確認生物たちを紹介していきたいと思います。

 

 

Eureka_01_001

「こそこそ」

・サイズ・・・マトリョーシカくらい
・重さ・・・軽い

こそこそぺらぺら話してばかりいる。
「だるまさんが転んだ」の遊びが好きで、人が振り返ると話をやめる。

 

 

Eureka_01_002

「ごろごろり」

・サイズ・・・120㎝
・重さ・・・100g

なんだかやる気がでないときに現れて、人の眠気を誘う。
一日なにもせず終わってしまうときは大体こいつの仕業。

 

 

Eureka_01_003

「ふわゴリさん」

・サイズ・・・冷蔵庫くらい
・重さ・・・100g

すぐに殴ってくるがふわふわで痛くない。
ぬいぐるみに比較的近い。
わたあめに似ているので子どもに好かれる。

 

 

Eureka_01_004

「おもっちゃん」

・サイズ・・・10cm~18cm
・重さ・・・鏡餅の上の段くらい

怒ると顔を赤くしておもちのように膨らむ。
普段は白くてたいらだが、怒るとねばねばして厄介。

 

 

Eureka_01_005

「たぬき木」

・サイズ・・・見た人によって違う
・重さ・・・わからない

臆病な性格で、近づくと離れてしまう。
道に迷った人をだます事が多く、森の中にいる事が多い。

 

 

 

くらもちあすか / Asuka Kuramochi

茨城県出身。日常に溢れるモチーフを中心に、
擬音語/擬態語を用いて抽象的に描写します。

 

Web site
http://asukakuramochi.com

twitter
https://twitter.com/KURAM0CHI

Instagram
http://instagram.com/kuramochiasuka

 

eureka_02

Main visual design:こぐれ そう(ousia

© Asuka Kuramochi


ART&MOREに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
著作物のご使用については、こちらにご連絡ください。当サイトへのリンクはフリーです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』