山﨑美帆 個展 「みずうみの屈折率」

自分の中にあるみずうみを描いた巡回展、京都にて開催。

東京での活動後、長野県松本市に居を移してからも
雑誌・書籍・広告等でイラストを描き活躍されている山﨑美帆さん。
この度京都のギャラリー&カフェ、アート・ショップBlack bird White birdにて関西初の個展を開きます。

本展は今年2月に東京・青山の「HB Gallery」で開かれた展示の巡回展です。
この後5月には松本でも展示が開催されます。

期間中は似顔絵などのイベントも予定され、会場には山﨑さん自作の音楽が流れます。


(以下、Black bird White bird ウェブサイトより)

みずうみを覗くとみえるもの。

湖面に映る景色。底に沈んだ鐘。

過去と未来。遠くの惑星。

そこからはなにがみえますか。

自分の中にあるみずうみから浮かび上がってきた世界を描きました。
観る人、観る角度によって、いろんな物語を想像してもらえたらうれしいです。



山﨑美帆 個展「みずうみの屈折率」

会期:2014年4月9日(水)~4月20日(日) ※月曜日と火曜日はお休み
時間:12:00~19:00
会場:Black bird White bird
   京都市左京区一乗寺樋ノ口町8-2

山崎美帆ウェブサイト
http://daborabo.com/

Black bird White birdウェブサイト
http://blackbird-whitebird.com



山崎さんの絵の中に写る、自分だけの物語を覗いてみてはいかがでしょうか。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』