岩谷雪子展「カラスムギの憂鬱」

生命を生ける、岩谷雪子の世界


(以下、Hasu no hana プレスリリースより)

岩谷雪子は作品に植物を用いる作家です。
植物から感じたものを出来るだけ損なわぬように、
ほんの少し手を加えるという制作スタイルは、自然を敬い、寄り添いを感じます。
植物が本来持っている優れた機能を活かし、新たな命を吹きかけられた彼らは、
身近であり同時に野生とは異なった美しさを放ちます。

本展ではカラスムギ、オオオナモミ、オギなど約10種類の多摩川の植物を
用いたインスタレーション・小作品の展示予定しております。
植物の新しい一面を是非ご高覧ください。


ダイコンソウ ©岩谷雪子
ダイコンソウ

ミズヒキ ©岩谷雪子
ミズヒキ

※ダイコンソウ・ミズヒキは2013年展覧会の作品で今回は展示されません。



岩谷雪子展「カラスムギの憂鬱」

会期:2014年5月3日(土)〜21日(水) ※最終日は17:00まで
時間:12:00〜19:00 ※ラストオーダー18:30 木曜日はお休み
   ※ご来場の際は喫茶オーダーお願いいたします。
会場:Hasu no hana
   東京都大田区鵜の木1-11-7


Hasu no hana ウェブサイト
http://hasucafe.petit.cc/


*
芸術のどのジャンルにも当てはめることの出来ない、
岩谷雪子が作り上げる“生きる”作品の世界をお楽しみください。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』