Aquvii Art THE TERMINAL 2014

アートがもっと身近になる、ゴールデンウィーク原宿アートイベント

代官山・渋谷でSHOPをかまえるAquviiと、原宿のクリエイティブ&オフィススペースTHE TERMINALが
昨年と同様、ゴールデンウィーク中にアートイベントを開催します。

「今までアートを購入したことがない人たちにもっと気軽にアート作品を選んでもらいたい」という願いを込めて、
買いやすい値段のアートを展示する合同展、毎日行われるワークショップ、
渋谷・原宿全体を巻き込んだプロジェクト「ね公」など、アート盛りだくさんの10日間をプロデュースします。


ART&MOREも出版、キュレーターを集めたB1F「AATapartment」にて出展し、
CREATIVE LANGUAGEのアートプロダクトとART&MORE連載作家の作品を展示販売します。

<ART&MORE 出展作家>
CREATIVE LANGUAGE
中村至男(B1展示販売・1F販売)
yuricamera(B1展示販売・1F販売)
神田亜美(B1展示販売・1F販売)
鳥羽史仁(1F販売)
Q-TA(B1展示販売・1F販売)
二歩(B1展示販売・1F販売)
monomono [yuricamera/タカヒロコ](1F販売)
長谷川朗(B1展示販売)
くらもちあすか(B1展示販売・1F販売)



(以下、Aquvii Art THE TERMINAL2014ウェブサイトより)

「原宿アートミーティング 眼球がぶちアがる!!」

代官山と渋谷でshopを展開する「Aquvii」が
「アートをもっと身近に」というTHE TERMINAL Galleryのコンセプトに賛同。

アートを媒介に人が繋がればいいな、という思いを込めて
「Aquvii Art THE TERMINAL」という
原宿アートミーティングをプロデュースします。

昨年、衝撃と大好評を呼んだ、「AAT」。
今年もさらにパワーアップして原宿とんちゃん通りに帰ってきました。

今回は各界アートギャラリーを一同に集める1F「AATgalleries」と、
出版、キュレーターをピックアップするB1F「AATapartment」の2部構成。
多種多様、様々なアート作品を実際に見て感じて、
そして買う事が出来ます!!

また原宿周辺のshop, café, salon, galleryなどにも協力して頂き、
期間中それぞれのshopにアートが現れます。
お店をまわってポイントを集めると、
メイン会場で特別グッズがもらえる企画も同時開催。
今はまだ、ひみつの「ね公」も街中に出現するかも??
詳しくは、http://camp-fire.jp/projects/view/980を。。。

shoppingあり、galleryあり、talk showあり、work shopあり、
の豪華アート祭り。
しゃちほこばらずに是非お気軽に遊びに来て下さい !!





<AAT galleries>
Aquvii
AATselection
mograg garage
ANAGRA
AMPcafe
Pulp
月曜美術倶楽部
VOU
THERME GALLERY

<AAT apartment>
ART&MORE
Kandy Press
ダイトカイ
ERECT magazine
101 (hitomaruichi)
じぶん
メランコフ/ニニフニ
MOUNT ZINE
石崎孝多



Aquvii Art THE TERMINAL2014

会期:2014年4月27日(日)~5月6日(火)
   プレオープン4月27日(日)*1階のみオープン
時間:13:00~21:00
会場:THE TERMINAL 1F、B1F
   東京都渋谷区神宮前 3-22-12 Wave神宮前 3F
料金:無料

オープニングパーティー
日時:4月28日(月) 18:00〜21:00


Aquvii Art THE TERMINALウェブサイト
https://theterminal.jp/aat/aat.html
https://www.facebook.com/AquviiArtTHETERMINAL

Aquvii ウェブサイト
http://www.aquvii.com/

THE TERMINAL ウェブサイト
https://theterminal.jp/

「ね公」CAMP FIRE ウェブサイト
http://camp-fire.jp/projects/view/980


アートを鑑賞する大切さとはまた違う、アート作品を手に入れる事から得られるものとは何なのでしょう。
この機会に体験してみてはいかがでしょうか。



出展者情報

<AAT galleries>

Aquvii
http://www.aquvii.com/
Aquviiショップ2店舗の中で、2つのギャラリーを展開しています。
代官山店の階段を上がった所にあるOfTEN GalleryではAquviiが面白いと思った世界中の”コト”を取り上げています。
渋谷店のスペース、AAT(Art Aquvii Tokyo)では、アーティストHAMADARAKAをキュレーターとして迎え、
日本、東京をキーワードに活躍するアーティストの展示を行っています。

AATselection
http://aatweb.tumblr.com/
2012年頃から沢山のアーティストを巻き込みながら群発するAAT。
今回もこのAAT2014を企画するに当たり、HAMADARAKA画伯の協力を得て、外せないアーティスト達をpick up。
同時進行企画「ね公」に参加しているアーティストもご覧頂けます。

mograg garage
http://mograg.com/
2008年2月、東京・国分寺駅最寄りにガレージを改装した小さなアートスペースとして誕生しました。
作品のある空間=アートスペースであり、表現する人とそれを受け取る人が
出会うことのできる場所となると考えています。
このガレージを基地として、心が揺さぶられてワナワナするようなものを様々なカタチで発信していきます。

ANAGRA
http://www.anagra-tokyo.com/
東京の中枢であり辺境の地でもある半蔵門の地下に2013年3月にオープンした「思いついた事ができる」ギャラリー。
直接ペイントのできる壁は週一で更新され、広い意味でのポップさをモットーに主に絵画作品、壁画を展示している。
アートを手に入れる喜びを知る入り口に。ANAGRAはそんな場所です。

AMPcafe
http://ampcafe.jp/
ギャラリーを中心に、多様なアートと音楽のイベントを日々開催する高円寺の多目的スペースです。

Pulp
http://pulpspace.org/
いわゆる“アート”や、特定の文脈/カテゴリーに囚われず、刺激的な表現者を紹介するオルタナティブ・スペース。

月曜美術倶楽部
https://www.facebook.com/getuyoubijyutu
Japanese ART CREW.月曜美術倶楽部へようこそ!!
当クラブは日本を中心としたアーティスト達によって構成された団体です。
ART ZINEのリリースや展示などを中心に活動しています。

VOU
http://vou-news.tumblr.com/
「時には武器となり、時には道具となる、世界を生き抜く、棒。」
京都、四条烏丸にあるギャラリー&ショップスペース“kara-S”の、
運営を行う“ZUURICH”から派生した新たな活動体「VOU」。

THERME GALLERY
http://www.thermegallery.com
都立大学駅にある写真メインのアートギャラリーです。


<AAT apartment>

ART&MORE
http://art-and-more.jp/
ART&MOREは、”あたらしいワクワクを発信する”クリエイティブ・プラットフォームです。
多様な感性を繋ぐ、高感度なキュレーション情報のHUBとして、クリエイターの創造性と感性を刺激し、
新たな創発を呼び起こすクリエイティブ情報を発信していきます。

Kandy Press
http://www.kandy-press.tumblr.com/
児島彩と山﨑将弘のライフワーク的、活動。現在、細々と主に印刷物の発行をおこなう。

ダイトカイ
http://daitokai.tumblr.com/
出版とcafe&barの営業をしています。

作品展、アパレル展示会など、ジャンルにとらわれずその都度表表情を変えるスペースを目指して活動予定。

ERECT magazine
http://www.erect-magazine.com/
ERECT Magazine:普通の雑誌では紹介されない様な、
世界中のクリエイティブに関するコラムやインタビュー、コラボレーション作品を紹介する雑誌。
ERECT Lab. :様々なアーティストのアートブックを出版するアートブックレーベル

101 (hitomaruichi)
http://www.hitomaruichi.com
自宅マンション一室を多目的スペースとして公開しています。
アートエキシビジョンやフリーマーケット、ワークショップなど企画。
誰かの家に遊びに行く気軽な感覚でいらしてください。

じぶん
http://zibun100.com/
自分らしさを持った人や物にとても魅力を感じます。
そういう人や物に出会うと、同時にあたらしい自分にも出会えるように思います。
物作りを通じて、たくさんの出会いが生まれることを期待して活動しています。

メランコフ/ニニフニ
http://www.melankov.com/(メランコフ)
http://www.nini-funi.com/(ニニフニ)
HPからPDFファイルを無料DL、さらに家庭で印刷してホッチキスで綴じれば自分でつくることもできる
新しいかたちのwebフリーペーパー「メランコフ」(2010年創刊)。
2つの冊子がくっつき、開くと最大84cmの大きさにもなる双子の総合カルチャー誌「ニニフニ」(2013年創刊)。
全天候型移動祝祭マガジナリー・アウトノミア。
Edited、かつNakedなクレオール・フォークロアで異議を申し立てる。

MOUNT ZINE
http://mountzine.com
誰でも参加できる交流型のZINEプロジェクトです。
国内外でのイベント開催やZINE専門ショップを運営しています。

石崎孝多/ Kouta Ishizaki
http://nomazon.net/
1983年生まれ。フリーペーパー専門店「Only Free Paper」元代表。
Amazonにない本を紹介する「nomazon」に参加。
執筆、企画、店舗のディレクションなど、様々な分野で活動を行っている。



Aquvii Art THE TERMINAL2014




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』