テラダモケイの絵本「1/100ももたろう」「1/100しらゆきひめ」出版記念展

テラダモケイの100分の1の模型が絵本に


(以下、テラダモケイ プレスリリースより)

紙のデザインプロダクト「1/100建築模型用添景セット」でおなじみのテラダモケイが
設立3周年を記念して、新しく出版レーベルを立ち上げました。
添景セットを使って、昔話や童話のシーンを再現した絵本のシリーズです。
その第一弾として、テラダモケイ絵本『1/100ももたろう』『1/100しらゆきひめ』を発売いたします。

発売にあたり、絵本制作に使用した模型を展示する展覧会を開催いたします。
また、展示初日の4月1日には著者の寺田尚樹さんと制作スタッフによるトークイベントを開催します。
テラダモケイの絵本がどのようにできたのか、制作の舞台裏が気になる方はぜひご参加ください!


テラダモケイ絵本『1/100ももたろう』 ©てらだなおき

テラダモケイ絵本『1/100しらゆきひめ』 ©てらだなおき
著者:寺田尚樹
仕様:タテ100×ヨコ170mm、上製本、カラー、24ページ、日英併記
定価:本体1,500円+税




テラダモケイ
テラダモケイは模型を通じて、モノに縮尺を与え、
ディテールを与えることによって生まれる造形の可能性を探っていくことを目的に設立されました。
なぜなら、模型には本物を模型に置き換えることで、本物のエッセンスや夢がギュッとつまっていて
本物よりもステキなものになる可能性があると思うからです。
また、模型は組み立てるプロセスを楽しむことも重要だと思います。
テラダモケイは模型を組み立てることの楽しさや、
それを想像することの楽しさも伝えていきたいと考えています。



テラダモケイの絵本「1/100ももたろう」「1/100しらゆきひめ」出版記念展

会期:2014年4月1日(火)~4月16日(水)
時間:7:00~26:00
会場:代官山 蔦屋書店 2号館1階建築側ギャラリースペース
   東京都渋谷区猿楽町17-5

出版記念トークイベント
会期:2014年4月1日(火)
受付:19:00
開演:19:30〜20:30 (最大延長21:00)
会場:蔦屋書店1号館2階イベントスペース
   東京都渋谷区猿楽町17-5
出演:寺田尚樹(テラダモケイ)、萩原修(デザインディレクター)、宮後優子(編集者)
定員:60名
※参加無料、お席の数に限りがありますので、ご予約が必要となります。
店頭予約:代官山 蔦屋書店 2号館1階アートカウンター
電話予約:03-3770-2525


テラダモケイ ウェブサイト
http://www.teradamokei.jp/

DAIKANYAMA T-SITE ウェブサイト
http://tsite.jp/daikanyama/


*
テラダモケイによる新しいカタチの絵本。
ユニークな世界観で、大人も楽しめそうです。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』