『1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON』

B品やデッドストックの山を「宝の山」に変えてしまう、若手クリエイターとの化学変化

PASS THE BATONとロフトワークドットコムによる、
クリエイター参加型のニューリサイクルプロジェクト『1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON』
受賞作品のお披露目と展示販売がPASS THE BATON GALLERYにて開催中です。


(以下、PASS THE BATON プレスリリースより)

PASS THE BATON GALLERY第57回目は、『1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON』。
PASS THE BATON は、クリエイターポータルサイト“ロフトワークドットコム” と共同で、クリエイター参加型のニューリサイクルプロジェクト『1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON』を進めてきました。
PASS THE BATONでは、これまで‘NEW RECYCLE’というコンセプトに共感してくださった多くの企業やメーカー、クリエイターと共に、メーカーのB品やデッドストック品などを、さらに魅力的なプロダクトに再生してきました。
このたび『1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON』では、さらなる広がりを求めて、1万人以上のクリエイターが登録する“ロフトワークドットコム”と共に、企業がかかえるB品やデッドストックの山を「宝の山」に変えてしまうような、若手クリエイターとの化学変化を試みました。

2013年4月〜10月の期間、『赤坂柿山』『ニールズヤードレメディーズ』『steteco.com』『JINS』の4社にそれぞれ資材提供でご協力いただき実施した全4回の公募の受賞作品が、実際のプロダクトとして完成いたしましたので、お披露目を兼ねてPASS THE BATON GALLERYにて展示販売いたします。

-同時期、ロフトワークが運営する渋谷のデジタルものづくりカフェ「fabcafe」でも展示販売予定-
http://tokyo.fabcafe.com



[1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON]
「1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON」は、「NEW RECYCLE(ニューリサイクル)」を
コンセプトに様々なメーカーの在庫品やユーズド品をより魅力的なプロダクトに再生している
セレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」と「ロフトワークドットコム」による、
サステナブルなものづくりの学びと協働プロジェクトです。
http://meet10000.project.cc/


[ロフトワークドットコム]
約16,000人が登録するクリエイターポータルサイト。”クリエイティブの流通”を目指して2000年にスタート以来、クリエイターの活動をサポートする機能、ビジネスマッチングを生む仕掛け、作品を販売できる機能などを提供。常時ユニークな公募企画を展開しています。
http://www.loftwork.com/


———————————————————————————————————–


【Vol.1 赤坂柿山】
おかきの名店“赤坂柿山”のデットストック缶と、割れ・欠けのあるおかき
“おはじき”を組み合わせた新しいギフトのデザイン。

アニマルすおうおはじき

“アニマルすもうおはじき” 1,800円(税抜)
トントンすもうを取り入れたパッケージデザイン。

デザイナーコメント
「赤坂柿山の“高級おかき”は1つ1つが個包装されていて、よそゆきなお菓子というイメージですが規格外の“おはじき”は、もっとカジュアルに家族や友人と食べるのに向いているお菓子だと思いました。“おはじき”をただ食べて終わりではなく、この商品(おはじきとデッドストック缶)を中心に団らんがうまれたらいいなぁと思い、食べた後みんなで「トントンすもう」が楽しめるようなパッケージデザインを考えました。外国人に人気のsumouを取り入れたデザインは、海外への手土産としても喜ばれるのではないでしょうか。」
デザイナー_小野彩子
Designed by 小野 彩子(Ono and Associates)
デザイナー・一級建築士。1974年神奈川県生まれ、アラブ首長国連邦育ち。
1997年日本大学理工学部建築学科卒業。
1997年株式会社丹青社入社。
2004年小野デザイン事務所|Ono and Associates設立。
ベネッセミュージアム個展(2000)、DUSKIN×PenエコTシャツデザイン大賞グランプリ(2011)、Roooots名産品プロジェクト2012 まつだい農舞台賞(2012)、You Fab 2012 特別賞(2012)、Deco it! Award 最優秀賞(2013)等。グラフィックデザインからプロダクトデザイン、建築設計まで幅広い分野で活動。

http://www.onoaa.com/


kakiyama
[赤坂柿山 -アカサカカキヤマー]
東京・赤坂に本店をおく贈答用米菓(あられ・おかき)の専門店。 富山県福光の自社工場で富山県産新大正もち米を主原料にお米の風味を大切に「お米に優しい」おかきつくりを行っている。もち米一粒 一粒の食感が活きる薄焼きあられ「慶長」、アーモンドを丸々おかきで包んだ創作おかき「慶凰」が代表商品。
http://www.kakiyama.com


———————————————————————————————————–


【Vol.2 ニールズヤードレメディーズ】
オーガニック製品を製造・販売するニールズヤードレメディーズで回収された
ブルーボトルを利用したプロダクトのアイデア

WHITELIGHT

“WHITE LIGHT” 5,800円(税抜)
デッドストックのワイングラスとブルーボトルを組み合わせたキャンドルスタンド。

デザイナーコメント
「炎は古代からやさしく暖かな色と揺らめきで、体感温度以上に人びとに心身ともに癒しを与えてきた。ブルーボトルを通してキャンドルの揺らめきを見ると、昔からよく知っているはずの炎が、白く凛とまっすぐな光を放つことがわかる。古くは劇薬を入れる容器だったブルーボトルが、人々をケアする化粧品へと一変しそしてキャンドルスタンドになることで、よりブルーのガラスの透明度・神秘性を感じられる。」

akiyama
Designed by 秋山かおり(STUDIO BYCOLOR)
2002 年 千葉大学工学部デザイン工学科卒業
2002 年-2012 年 株式会社イトーキ/商品企画・ブランディング・デザイン・カラースキーム
2013 年 STUDIO SAMIRA BOON@AMSTERDAM
9 月 STUDIO BYCOLOR 設立



ANIMAUX DES BOIS

“ANIMAUX DES BOIS” 1,000円(税抜)
ハンガーの端材を用いたスティックディフューザー

デザイナーコメント
「ボトルには手を加えず、スティックを加える事で新たにディフューザーとしての機能を加えました。
スティックのデザインは、子供やコレクターの心をくすぐるような、 ニールズヤードレメディーズのロゴデザインにもある木にまつわる生き物からヒントを得ています。」

JulienWulff
Designed by Julien Wulff
country Switzerland
2006年スイスのERACOM / Lausanne卒業。ストリートアートや、タイポグラフィー、プロダクトデザイン、写真、イラスト等、ざまざまな手法を使い、デザインを行っている。
実験的なグラフィックや綿密なスイスデザインのスタイルを特徴としている。

http://www.loftwork.com/members/julienwulff/


neal
NEAL’S YARD REMEDIES -ニールズヤード レメディーズ-
ニールズヤード レメディーズのポリシーは「大量につくることよりも、大切につくること」。
1981年にロンドンで誕生した健康と美しさをトータルにサポートするライフスタイルブランドです。
http://www.nealsyard.co.jp/


———————————————————————————————————–


【Vol.3 steteco.com】
「らくだのももひき」「らくだのシャツ」など、お年寄りの防寒肌着としてのイメージが強い
「らくだ生地」そのらくだの肌着を作る際にうまれる「筒状」の端材を活かしたプロダクトのアイデア

Couple Camel

“Couple Camel” 2,800円(税抜)
シンプルなストール

デザイナーコメント
「筒状の余り布のカタチを生かした、シンプルなストール。‘アフリカから東京に旅をしにきたらくだのカップルが、冬を迎え自分の毛のマフラーを彼女にプレゼントをする’というプロダクトのストーリーをなぞり、らくだがマフラーをしているというパッケージにしました。気軽なギフトとして。」

Designed by 本田千尋(キギ) & 松本健一(MOTOMOTO)


honda
本田千尋(キギ)
デザイナー。1989年横浜生まれ。2012年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。
同年、キギ入社。


matsumoto
松本健一(MOTOMOTO)
アートディレクター、グラフィックデザイナー。1980年東京生まれ。
2004年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。
2004年有限会社E.入社。
ONE SHOW DESIGN BRONZE(2009)、ADC YOUNG GUN 8選出(2010)等。
2013年坂本尚美と共にMOTOMOTO inc.設立。
グラフィックデザインを軸に、ロゴやパッケージ、装丁などの分野で活動中。



Camel blanket in cushion

“Camel blanket in cushion” 5,200円(税抜)
ブランケットの入ったクッションのセット

デザイナーコメント
「らくだ生地の特徴を活かして新しいリラックススタイルを。ブランケットの入ったクッションのセットです。
らくだで長距離を旅してきた商人が泊まる宿にこんなセットがあったら、と提案します。これ一つで、来客用のセットとして、自分のリラックスに、クッションとして、使用する時残るカバー部分は既にあるクッションのカバーとして気軽に使える、機能的なアイテムとして活躍します。」

Wolf.project
Designed by Wolf.project
1981年東京生まれ。2009年桑沢デザイン研究所プロダクトデザイン専攻卒業。生活雑貨の企画デザイナーとして働く傍ら、2013年Wolf.projectとして活動開始。
“自然との共存”をメインコンセプトに各種デザイン、制作を行う。



steteco
steteco.com -ステテコドットコム-
「ステテコ文化の復旧と新しい創造」をベースに日本のくつろぎを発信する世界初のステテコ研究所。
ステテコはクレープ(ちぢみ)生地と呼ばれる吸汗・涼感に優れる生地を使った、高温多湿の日本の風土にあった肌着。スーツやジーンズの下にはいて快適な上、ステテコ1枚でも、夏のリラックスウェアとして着用できます。
steteco.comは、ユニークな色・柄のステテコを展開しているほか、様々なクリエイターとのコラボレーションしたファッションアイテムを提案しています。
http://www.steteco.com/


———————————————————————————————————–


【Vol.4 JINS】
アイウェアブランド「JINS」の眼鏡フレーム端材(アセテート)を使った、新しいプロダクトのアイデア

Jbuddy

“buddy” ハットピン、タックピン 1,600円(税抜) ネクタイピン 1,800円(税抜)

デザイナーコメント「赤や黄色や紫のカラフルな動物達を連れてあるく。そんな夢を見る。ハットピン、タックピン、ネクタイピンに仕立ててみる事にした。メガネは見るという為の機能以外に‘自分らしさ’を演出する力がある。同じように自分らしさを演出してくれる、そんな相棒に。」


Glasses-duck

“Glasses-duck” 1,800円(税抜)
メガネスタンド

デザイナーコメント
「端材をハの字に置いてみた。片方の端材がなんだかアヒルの水かきに見えてきた。次においた端材が翼に見えた。メガネに足が生えている感じはスタンドとしてちょっと楽しい。」

makino
Designed by 眞野 惠介
第26回[社]日本広告写真家協会公募展 入選。Ezアワード3 Tシャツデザイン部門DUOGATE賞。
「兵庫県立 人と自然の博物館」移動博物館車ラッピング・デザイン・コンペ優秀賞。
Combi×テンプスタッフ・テクノロジー デザインコンペティション審査員特別賞。
国際協力NGOシャプラニール 児童労働 × Design ポスター・デザイン コンテスト優秀作品 選。
第1回 Baidu IME SKIN DESIGN AWARD 画力賞。
神戸市犬の鑑札注射済票注射済票の部優秀賞。第二回ゴミコン入選。
1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON vol.4 採用
「Deco it! Award」優秀賞。第2回NBCラジオ佐賀CMコピーグランプリ スポンサー賞。



JINS
JINS -ジンズ-
「あたらしい、あたりまえを。」をビジョンに、誰もが思いつかなかったアイデアで常識を覆し、新しい価値を提供するアイウエアブランド。
JINSのアイウエアは、日本人の顔と頭の形の研究分析した掛け心地の良さとオリジナルブランドならではのデザイン性を兼ね備えています。こだわり抜いた高品質な商品を、誰もが実現できなかった価格で提供しています。また、視力補正用のメガネだけでなく、パソコンなどのディスプレイが発するブルーライトから眼を守る「JINS PC®」や花粉や乾燥から眼を守る機能性アイウエア、スポーツのパフォーマンスを向上させる
サングラスなど、現代人のライフスタイルにイノベーションを起こす新たな商品を展開しています。
http://www.jins-jp.com




『1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON』

会場:PASS THE BATON GALLERY(表参道店内)
会期:2014年3月20日(木)~4月13日(日)
時間:月曜~土曜 11:00 – 21:00
   日曜・祝日 11:00 – 20:00


PASS THE BATON ウェブサイト
http://www.pass-the-baton.com/




プロジェクトの公募~審査を経て選ばれたクリエイターと企業が試作を重ねながら生まれた7つのアイテム。
企業の「もったいないもの」を素材に魅力的なリサイクル商品の開発に­挑戦したプロセスと併せて、
若手クリエイターとの化学変化をぜひご覧ください。






『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』